まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ神奈川
大橋理宏

多様な石工加工に対応する石工技能士

大橋理宏(おおはしまさひろ)

株式会社大橋石材店

大橋理宏プロのコラム一覧:お骨の行く先2016

お墓を建てる人は本物志向ととりあえず志向に2極化している。と昨日書きました。本物というと弊害はあるかもしれませんが、やはり国内の石を国内で加工するという約束がきっちりとできていることが大切だと思います。弊社で取り組む国内の仲間との良材建墓などのように正直に向き合うと...

さて前段でお骨の行く先として様々なものを見てきましたが今までのお墓、先祖代々のお墓について書いていませんでしたのでそこに触れていきます。世間のニュースの9割以上が目新しく面白そうなものに目が向く中で着実に良いものは堅実に動いています。隣県の同業者では国産材墓石1...

数年前、都営霊園で騒ぎになった樹林墓というのがありました。抽選の場面がニュースで踊るあのあたりから海ではなく山もいいよねみたいな人は増え始めているように感じています。そして、数年たった今、樹木葬はどんな変化を遂げているのでしょうか。いくつかの組み合わせに分かれ...

さてさて今年は海洋散骨はどうだったのでしょう。私自身はお客様からの問い合わせでご紹介したのは1件だけでした。今回は亡くなった本人の希望を叶えるといった内容でした。そう海洋散骨は亡くなった人の希望、もしくは生きている者の事情から進んでいくことが多いかと思いますが、それ...

先週大阪に行って民間霊園も見学してきました。とても人気があるということでそのなぜを探りに。2件の霊園を持つハピネスパークという大阪のちょっとだけ郊外の霊園です。さて皆さんの妄想が膨らんできましたね。便利で使いやすいきれいなどは当たり前でホームページを見て...

日本の人口減少は昨年より始まっている。今後も減っていくのは間違いないそして何より年間の死亡人口は約15年程度増え続けると統計上想定されている、統計といえば大まかだが生涯未婚率も増加傾向にある。結婚しない若者ではなく結婚しない中年が多いのだ50才までに1度も結婚し...

お骨の行く先のひとつとして注目される樹木葬実態はまだまだ謎に包まれています。樹木ありきでの埋蔵手段なので、大体の場合シンボルツリーがありそれぞれ一本ずつといったところは少数派です。先日大阪でも寺院の樹木葬、霊園の樹木葬をみてきました。実際に行くとその場所毎にう...

今回大阪に行ったのにはわけがあります。まず第1に確認したかったのは「一心寺」の空気感永代供養、骨佛の寺としられるお寺です。お骨の行く先としては究極の選択です。3度目の訪問となりますが、行くたびに感じるものがあります。お預かりしたお骨を一つに集め仏像を作っています...

一昨年あたりからメディアではかなりの頻度でお墓についての特集を組むようになったかに思える。それ以前ももちろん盆や彼岸などには折に触れてお墓の話などは出てはいたのですが。 今年、多様性という言葉がさらに多く聞かれるようになった きっかけは昨年末に行われた第1回のエンデ...

今年もあと2か月半今年は墓地の視察はあまり進んでいません世の中でいうところのお墓の多様性がどこまで広がるのかという点でちょっと遠巻きに観察していました。ですが、そろそろ今年おこったことと来年以降になにが起こり始めるかを自分なりに分析していきます。あくまでも足を...

大橋理宏プロのその他のコンテンツ

Share

大橋理宏のソーシャルメディア

rss
ブログ「石って」
2018-06-20
twitter
Twitter
2018-09-24
facebook
Facebook

大橋理宏プロのその他のコンテンツ