まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ神戸
椎結子

ジェネラティブ・コーチングのプロ

椎結子(しいのきゆうこ)

Yu-cocoro office

コラム

秋分の日と「日想観」

HEAL THE WORLD

2017年9月23日 / 2017年12月27日更新

9月23日は、旧暦では葉月四日。
二十四節気は、秋分(しゅうぶん 9/23~10/7)へと移りました。
七十二候は46候「秋分 初候 雷乃収声(かみなりすなわちこえおさむ)」です。

きょう秋分の日は、彼岸(9/20~25)の中日です。
昼間と夜の長さが同じで、陰陽のバランスがとれ
体調も安定する日といわれています。

今日の太陽は、地球上のどこから見ても真東からのぼり
真西に沈んでいくのだそうです。

「日想観」という
西に沈む太陽を見て、その丸い形を心に留める修行法があります。

仏の教えが守られない、末恐ろしい時代がやってくる・・・という思いの中で
阿弥陀如来のおられる、はるか西方にある極楽浄土に行くにはどうすればよいか。

その方法として、西方浄土を思って日が沈む様子を見つめ
祈りを捧げる修行「日想観」があるのだそうです。

秋分の日の真西に沈む太陽が、真っ直ぐに臨める門があります。
聖徳太子が建造された、四天王寺の「西門石鳥居(極楽門)」。
妻 般若姫を弔うために用明天皇(聖徳太子の父)の勅願により建立された、
般若寺の「仁王門(龍宮西門)」。

般若寺「仁王門」

般若寺

西の方角の彼岸に向かって
それぞれに、「日想観」が執り行われています。
 *和宗総本山 四天王寺 (大阪府) http://www.shitennoji.or.jp/
 *神峰山 般若寺 (山口県) http://hannyaji.net/index.html
 
その場所まで足を運ぶことが出来なくても、
ひとり一人の方が、それぞれ自分のいる場所で日の沈む方向へむかい
こころを鎮めて祈ることはできます。

天候により、その夕陽が拝めなくても
頭の中にその有様を、イメージすることはできます。
そして、見えていなくても有ります。

自分が極楽世界に居ることをイメージして祈ることは、
今この時を、どのように生きていくかを考えていくことにもなります。

今日の神戸あたりの日没は、17時56分ごろです。
美しい世界をイメージした祈りでありますように。


コラム一覧 :HEAL THE WORLD
http://mbp-kobe.com/yu-cocoro/column/?jid=464

「祈り(2017-08-07)」
http://mbp-kobe.com/yu-cocoro/column/61963/

「とんぼ(2017-08-15)」
http://mbp-kobe.com/yu-cocoro/column/62033/

『七情〈しちじょう〉(2011-02-10)』
http://mbp-kobe.com/yu-cocoro/column/17194/

「秋の養生~悲しみ・憂いに注意~(2012-08-12)」
http://mbp-kobe.com/yu-cocoro/column/29560/

『秋の過ごし方 (2010-08-07)』
http://mbp-kobe.com/yu-cocoro/column/9266/

この記事を書いたプロ

椎結子

椎結子(しいのきゆうこ)

椎結子プロのその他のコンテンツ

Share