まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ神戸
椎結子

ジェネラティブ・コーチングのプロ

椎結子(しいのきゆうこ)

Yu-cocoro office

コラム

よく噛んで食べる

中医学

2010年7月27日 / 2010年11月15日更新


生まれてきた命(からだ)を継続して支えるために、わたし達は「後天の精」である食物から栄養を補い続けます。

そのため、生きていくために「食欲」は欠かせない欲求であり

本来はこの欲求が満たされないと、こころの成長の階段も上っていけません。


ところがこの猛暑のせいで、食べようとする「意欲」が失われて

食欲不振だったり

肌の露出の多い季節は、ダイエットのシーズンだったりするので

少ししか食べなかったりします。


しかし、結局は食べないことで『腎』は養われず

骨(歯)が弱ったり、髪のつやがなくなったりします。


また、ホルモン分泌も促進されず

低体温で、脂肪の燃焼が悪くなり太ることにもなります。


食べることを大切にして欲しいとおもいます。

ただ食べるというだけではなく “楽しく食べる”ことが大切です。

食べることは空腹を満たすだけではなく

味覚・嗅覚・視覚・聴覚・触覚の五感を総動員することでもあります。

そのことで、脳も活発に動きます。


そして大切なことはよく噛んで食べること。

田村裕さんの『ホームレス中学生』を読むと、空腹を満たすために世界が変わるほど噛んでおられましたが

そこまではなくても小学校の保健の先生推奨の、30回を目標に出来ればと思います。


噛むことで、五感も刺激され脳の老化のスピードを遅らせることもできます。


また、中華料理の高級食材ツバメの巣はそのコラーゲンが良いばかりではなく

海藻等で巣を作るときによく咀嚼し、唾液とよく混ざっていることがからだに良いのです。

唾液は肺を強くするだけではなく、腎精の滋養にもなります。


噛むことで、唾液がたくさん分泌されて

アミラーゼ(消化酵素)とよく混ざることで、胃の負担も減ります。


よく噛んでゆっくり食べると少量でも満腹感を得られ、経済的なダイエットにもなりますよ ^^


以下も参考にお読みください。

『マズローの欲求の階層説(2010-05-27)』
http://pro.mbp-kobe.com/yu-cocoro/column/9844

『精(2010-07-21)』
http://pro.mbp-kobe.com/yu-cocoro/column/11475

『髪、パサついていませんか?(2010-07-23)』
http://pro.mbp-kobe.com/yu-cocoro/column/10789


(参考:『中国伝統医学 入門編』神戸中医美容整体学院

    『噛む力で脳を守る』小野塚實 )


〈中医学 21〉


【知恵カフェ 8月号】

この記事を書いたプロ

椎結子

椎結子(しいのきゆうこ)

椎結子プロのその他のコンテンツ

Share