まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ神戸
椎結子

ジェネラティブ・コーチングのプロ

椎結子(しいのきゆうこ)

Yu-cocoro office

コラム

あそび

こころ

2010年5月13日 / 2010年11月22日更新


自動車教習所に通っていた頃のはなしです。

車両点検の仕方の時に聞いたのだと思うのですが
(なにぶん、霞の向こうにあるような古いことなのであやふやです)

ハンドルにはあそびがなければ危険なので、確認することと習いました。


両脇に余裕を残すということ

もう6年以上前になるでしょうか

録画したテレビ番組を編集しているときに気付き驚きました。

繋ぎの部分の一呼吸置くような、暗転する部分が ある日、無くなりました。

ひとコマずつ送りながら編集していたので、そのひとコマ分の余裕も無くなったということです。

前の場面の残像が残っているうちに、次の場面の映像が重なるように始まるようになりました。

専門的な事は、解りません。

しかし、息もつかせず次へ次へと惹きつけて行くその手法に

深く落胆しました。

そして、淋しくなりました。


今は、どのようになっているのでしょうか?



ハンドルにあそびは必要なのですよね。

この記事を書いたプロ

椎結子

椎結子(しいのきゆうこ)

椎結子プロのその他のコンテンツ

Share