まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ神戸
山本勝之

介護事業に効果的な労務アドバイスを送るプロ

山本勝之(やまもとかつゆき)

ゆい社会保険労務士事務所

コラム

介護職員への面談では、○○を使う

面談では、聞きづらいことも多くあります。

ストレートに聞くと、配慮が足りない人だと思われてしまいます。
また、人間関係が悪くなるかも。


そこで、面談で聞きにくいことは、「クッション言葉」を使います。

クッション言葉とは、聞きにくい言葉を和らげる
クッションの役割をする言葉です。

例えば、

 ・「差し支えなければ、~」
 ・「恐れ入りますが、~」
    ~を教えてほしいのですが?、~について話していただけませんか?


 ・「間違っていたらごめんなさい。~のように感じるのですが、
  本当のところは、どうですか?」

このように、質問する相手に対して、一段下から話しかけるように、
丁寧に、ゆっくりとした口調で、クッション言葉を使ってみましょう。


意外と、こちらが思っているほど、聞きづらいようなことはなく、
話してもらえる場合もあります。

但し、本当に話したくない内容もありますので、
その場合は、無理に聞かないようにしましょう。




~こちらの記事も、続けてご参考ください~
・介護職員との面談で聞きたいこと


※現在、過去のコラムの記事を、再構成や一部修正を行っています。
ご了承ください。



~介護・福祉の職場をサポートしています~
メールマガジン「労務と人材育成のヒント」を毎週火曜日の朝にお届けしています。
別の内容をお届けしていますので、登録をいただき、こちらもご参考ください。
https://www.directform.info/form/f.do?id=1834

この記事を書いたプロ

山本勝之

山本勝之(やまもとかつゆき)

山本勝之プロのその他のコンテンツ

Share

山本勝之プロのその他のコンテンツ