まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ神戸
山本勝之

介護事業に効果的な労務アドバイスを送るプロ

山本勝之(やまもとかつゆき)

ゆい社会保険労務士事務所

コラム

介護職員の身だしなみは、どこまで許されるのか?

面談、人材育成・マナー

2013年6月10日 / 2017年5月11日更新

介護の現場では、事業所内の介護職員の身だしなみが大変気になります。

 ・清潔な服装であるか
 ・髪はまとめられているか
 ・髭は剃っているか

事業所を管理している方は、身だしなみの様々な点が気になると思います。

ここで注意するのは、事業所にとって、どのような身だしなみを望むのか?
ということです。


男性の髭を一つとっても、「髭を生やしてはならない」と言い切ってしまうことはできません。
髭を生やすことを、自分の個性の一つであると感じている職員もおられます。

髪の毛もそうです。
介護の業務のときに、髪をまとめる・・・これは、仕事上必要かもしれませんが、
髪のカラーはどこまで許容されるのか。
これを決めるのも、事業所にとってはどうなのか?
このことが問われています。

介護施設の利用者さんに目を向ければ、髭を生やすことも、髪を染めることもされておられます。

介護職員はどうでしょうか?

介護職員の場合、労働者ですので、職員の個性だけで身だしなみを判断することはできません。
利用者さんやそのご家族、地域の方にとって、介護職員の身だしなみがどう映るとよいのか?

このような問いかけを事業所内で行い、身だしなみのガイドラインを決めていただければと思います。
決める際には、職員にも決めることに関わる機会を設けておくと、自分たちで決めた内容ですので、その後の運用もうまく行く場合が多いです。


※あじさいは、青色もよいですが、ピンク色もきれいですね。


☞介護職員面談に関するコラム
☞メンタルヘルスに関するコラム
☞介護職員の採用に関するコラム


 ※メールマガジン「労務と人材育成のヒント」を毎週火曜日の朝に発行しています。
  パソコンのメールアドレスで、登録をお願いします。
  https://www.directform.info/form/f.do?id=1834



 □福祉の職場の働く問題をサポートします

   ゆい社会保険労務士事務所 山本勝之
 ──────────────────────────
 〒650-0024 神戸市中央区海岸通3-1-1 KCCビル4F
  http://www.yamasr.jp


 マイベストプロ神戸・福祉事業の労務アドバイスのプロ
  http://mbp-kobe.com/yamasr

 就業規則のことなら、「就業規則サポートオフィス」
  http://www.shyuugyou.com/

この記事を書いたプロ

山本勝之

山本勝之(やまもとかつゆき)

山本勝之プロのその他のコンテンツ

Share

山本勝之プロのその他のコンテンツ