まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ神戸
山本勝之

介護事業に効果的な労務アドバイスを送るプロ

山本勝之(やまもとかつゆき)

ゆい社会保険労務士事務所

コラム

介護職員の人事評価で大切なのは、1つだけです

面談、人材育成・マナー

2013年9月9日 / 2014年8月1日更新

介護の現場でも、人事評価を行い、役割の見直しや給与の査定に
使っておられるところも増えてきています。

人事評価は、人が人を主観的に評価しますので、
必ず正しい評価ができるわけではありません。

そうであっても、組織にとって、人事評価の仕組みがある以上、
誰かが誰かを評価しなくてはなりません。


人事評価で大切なことは、たくさんありますが、
実は1つだけ、気をつけておくと良いことがあります。


それは、評価する側と評価をされる側が、良好な人間関係であることです。


評価する側とされる側の人間関係が出来ていない場合、
評価する側が、評価される側の立場に立って評価しても、
評価される側は納得がいかない場合が多いです。

きちんと見てくれていない、主観が入っている、
自分はもっと評価されてもはずだと。


本来人事評価は、評価される側の成長を願って、
また組織がよりよい方向へ向かうための評価として
活用されるべきものです。


人事評価があるとやりにくい、悩んでいると思われているのであれば、
職場・組織の中の人間関係を見直してみてください。





1ヶ月前に撮影しましたが、もう色づいているのでしょうか。





 ※メールマガジン「労務と人材育成のヒント」を毎週火曜日の朝に発行しています。
  パソコンのメールアドレスで、登録をお願いします。
  https://www.directform.info/form/f.do?id=1834



 □福祉の職場の働く問題をサポートします

   ゆい社会保険労務士事務所 山本勝之
 ──────────────────────────
 〒650-0024 神戸市中央区海岸通3-1-1 KCCビル4F
  http://www.yamasr.jp


 マイベストプロ神戸・福祉事業の労務アドバイスのプロ
  http://mbp-kobe.com/yamasr

 就業規則のことなら、「就業規則サポートオフィス」
  http://www.shyuugyou.com/

この記事を書いたプロ

山本勝之

山本勝之(やまもとかつゆき)

山本勝之プロのその他のコンテンツ

Share

山本勝之プロのその他のコンテンツ