マイベストプロ神戸
うまさきせつこ

ボディコントロールで体の使い方を伝えるプロ

うまさきせつこ(うまさきせつこ) / ダンスインストラクター

うまさきせつこモダンバレエ研究所

コラム

体幹育てる無理のないブランコ運動

2022年1月22日

テーマ:ボディコントロール

コラムカテゴリ:スクール・習い事

体幹育てる無理のないブランコ運動

無理がないから美しい 究極の体の使い方
うまさきせつこのボディコントロール主宰
うまさきせつこです。


この運動は昔から、私が好きで
よくやってきたものです。
体幹の感覚を育てるには、なかなかの優れものですが
ブランコですからね。
ブランコの座面を方向を合わさずに振ると
変にねじれたりした経験は、
ブランコ遊びをした方にはあると思います。

つながりがあり、「張り」があることが大切です。
そしてお尻の底にも張りがあって
重みと張りで、つながりがあると
無理なく揺れます。

動画中でもお話しているように
「お尻が大きいから」
「胴が長いから」
「腕が短いから」
は、関係ありません。

こうおっしゃる方は
後に下がることだけされているから
お尻が腕の間を通ってくれないんです。
角度を変えて上に上がる意識がなければ
お尻が「ドン!」と
落ちてしまいます。

動画中で言っている
「お尻の角度を上げる」は
体幹を四角い箱として
その箱の角度がスライドでなく
箱の角度が上に上がる
と言う意味です。

箱のように体幹の長さが変わらない状態で
角度が変われば、きつさなく上に上がります。
これも腕でどうにかするのでなく
体幹主導です。

膝を折り曲げている状態でも、充分に体幹の繋がりを
感じられる運動です。
膝を伸ばして体が上がるようになると
子供の頃、ブランコで遊んだ時のように
とても開放感があり、気持ちのいい運動です。

是非トライしてみて下さい。
体幹主導の体が育ちます。

============================
神戸夜クラス開講予定(3月より)イベント
いきなりでなく、まずお試ししてみませんか?

昨年、東京で受講者全員が痛みなく開脚できました。
開脚ばかりするのでなく、体幹主導で使う体に整えることで
無理がなく痛みなく楽な体にしていく先にあるものの
ひとつが「痛みのない開脚」です。


痛みのない開脚講座表
痛みのない開脚講座裏

このイベントに興味をお持ちの方は
以下のURL より詳細をご覧ください。

神戸夜定期クラス開講記念イベント~痛みのない開脚へアプローチ

うまさきせつこHP他

HP
せつこのゆったり自分コントロール

ワークショップ
          

この記事を書いたプロ

うまさきせつこ

ボディコントロールで体の使い方を伝えるプロ

うまさきせつこ(うまさきせつこモダンバレエ研究所)

Share

関連するコラム

うまさきせつこプロのコンテンツ