まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ神戸
松田友和

チーム体制で患者を支える糖尿病医療のプロ

松田友和(まつだともかず)

糖尿病内科かいせいクリニック

お電話での
お問い合わせ
078-926-0780

コラム

神戸大学大学院保健学研究科で「大学院講義」をしました。

糖尿病センター

2016年11月17日 / 2018年9月14日更新

神戸大学大学院保健学研究科で大学院講義をしてきました。
20161116-1
20161116-2
20161116-3
糖尿病は内分泌ホルモンであるインスリンが膵臓のβ細胞から充分に分泌されないために、血糖値が上昇する疾患群です。
絶対的にインスリン分泌が欠損している1型糖尿病は、完全なホルモン欠損症です。治療法は、欠損しているホルモンを補充するために、インスリン注射を行う必要があります。逆にいうと、インスリン補充をすることが病態に即した治療になります。
一方、糖尿病患者の大多数を占める2型糖尿病は生活習慣病という側面が注目されます。しかし、2型糖尿病も病態から考えると、インスリンの分泌が不十分であるということが必要不可欠な要素です。
それではインスリン分泌が低下するのか、あるいは低下しないのかは、どのようにして決まるのでしょうか。
実は、インスリン分泌の能力は遺伝的な要素が強いと言われています。つまり、2型糖尿病も生活習慣以外の要素も非常に重要なのです。

糖尿病患者は生活習慣がだらしない、という偏見をもたないことが大事です。江戸時代の生活習慣であれば、2型糖尿病にはなりにくいですが、今の日本で江戸時代のような生活をしている人は、ほとんどいないです。

糖尿病を正しく理解することが、糖尿病で人生を損なわないようにするための第一歩だと思います。

この記事を書いたプロ

松田友和

松田友和(まつだともかず)

松田友和プロのその他のコンテンツ

Share

松田友和プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
078-926-0780

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

松田友和

糖尿病内科かいせいクリニック

担当松田友和(まつだともかず)

地図・アクセス

松田友和のソーシャルメディア

facebook
Facebook

松田友和のソーシャルメディア

facebook
Facebook

松田友和プロのその他のコンテンツ