まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ神戸
松田友和

チーム体制で患者を支える糖尿病医療のプロ

松田友和(まつだともかず)

糖尿病内科かいせいクリニック

お電話での
お問い合わせ
078-926-0780

松田友和プロのコラム一覧:糖尿病センター

糖尿病が原因で、1年間で約3000人もの方が足を切断しています。高血糖が持続すると血管が障害されたり、神経が障害されることが、その原因です。通常であれば、足の裏に米粒がくっついたり、靴の中に小さな石が入ったりするだけで、不快になってしまいます。しかし、高血糖状態が長年続いてい...

経口ブドウ糖負荷試験という検査をご存知でしょうか?糖尿病であるということは、慢性的に血糖値が上昇している状態を指します。健康診断にて、糖代謝や血糖値が要注意と指摘されていても、糖尿病であるかどうかは判定できません。経口ブドウ糖負荷試験は、糖尿病を診断するための検査方法...

あっという間に夏本番です。ゲリラ豪雨という言葉も定着し亜熱帯地域の仲間入りを果たしてしまっているようにも感じてしまいます。さて先日、すぐ近くにある「なかにし眼科クリニック」において、なかにし眼科クリニック、偕生病院、糖尿病内科かいせいクリニックのスタッフ連携会を開催いたしま...

糖尿病療養指導士兵庫県連合会の活動として、イオンモール伊丹にて糖尿病の啓蒙活動を行ってきました。この日のために糖尿病のイメージカラーであるブルーのユニホームも準備しました。・血糖値、ヘモグロビンエーワンシー(HbA1c)の測定体験・フードモデルを用いた栄養評価・糖尿病に関...

”TSUNAGU for Diabetes”先日、「患者さんの心理に寄り添った糖尿病教育」を考える会に参加してきました。神戸大学糖尿病内分泌内科の岡田裕子先生が企画され、昨年から始まった会で、本年も100名以上の糖尿病医療従事者が集いました。第1部では奈良県立医科大学の石井均先生から、『動くここ...

第61回日本糖尿病学会年次学術集会に参加してきました。急に暑くなってきました。体調を崩されてはいませんか。水分をこまめに補給して、脱水にはくれぐれもご注意下さい。先日、東京国際フォーラムで開催された日本糖尿病学会総会に参加してきました。この会は、糖尿病に携わる医療者の...

寒い日が続きますが、お元気にお過ごしでしょうか。インフルエンザも猛威をふるっていますし、腸炎も流行しだしています。この寒い時期は、運動不足や食べ過ぎで、血糖値も上がりやすい時期です。体調管理に気をつけて、この寒さをのりきっていきましょう。最近、相次いで、「糖尿病は遺伝...

新年あけましておめでとうございます。皆様は良いお正月がお過ごしになられたでしょうか。平成30年が始まりました。平成という時代ももあと1年ちょっとです。東京オリンピックまであと2年半となりました。つい一寸前にリオデジャネイロでのオリンピックが終わったと思うのですが、時代は(...

気が付けば真冬を感じさせる寒さになっておりますが、皆様は風邪などひいていらっしゃらないでしょうか。インフルエンザも流行期に入ったようですので、うがい、手洗い、充分な休息をとって、毎日をのりきっていきましょう。さて、先日「偕生病院 糖尿病センター」と「なかにし眼科クリニック...

積水ハウス主催のシャーメゾン参観日で、「血糖」を見つめ直してみませんか、というタイトルで健康セミナーを行ってきました。           写真は偕生病院から見える会場の様子です。来年4月から、このマンションの1階で「糖尿病内科かいせいクリニック」がオープンします。...

偕生病院に糖尿病センターを開設してあっという間に一年半が過ぎました。糖尿病療養指導士も10人を超えて、この8月からはフットケア外来も開始いたしました。そして、来年4月には病院の目の前に、偕生病院糖尿病センターの外来部門として、『糖尿病内科かいせいクリニック』を開設することに...

先日開催されました『第4回175Clinical Night Seminar』へ参加した当院のスタッフが参加報告の記事を書いてくれました。10月26日に公開したコラムと合わせてご覧ください。『第4回175Clinical Night Seminar』参加報告

一気に寒くなってきましたが、お元気にお過ごしでしょうか。先日、第4回175 Clinical Night Seminar(イナゴクリニカルナイトセミナー)を開催いたしました。40名を超す地域の医療従事者の皆様にご参加していただきました。 レクチャー ① 神戸大学糖尿病内分泌内科の岡田裕子先生...

持続血糖モニタリングシステムをご存じですか? 血糖コントロールの指標となるHbA1c(ヘモグロビンエーワンシー)が大切なのは言うまでもありませんが、同じHbA1cでも血糖値の変動は人それぞれ大きく異なります。病院での血糖測定のみならず、血糖測定器を用いてご自身で血糖測定をされている方...

最近、糖尿病の内服薬としては初めての1週間に1回タイプのお薬が登場しています。手間がかからないため飲み忘れを予防できるのではないかと期待されていますが、すでに複数のお薬を飲んでいらっしゃる方には必要ないのではないかという意見もあります。そこで、今回のアンケートを通じて皆様...

松田友和プロのその他のコンテンツ

Share

松田友和プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
078-926-0780

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

松田友和

糖尿病内科かいせいクリニック

担当松田友和(まつだともかず)

地図・アクセス

松田友和のソーシャルメディア

facebook
Facebook

松田友和のソーシャルメディア

facebook
Facebook

松田友和プロのその他のコンテンツ