まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ神戸
能島孝志

お墓のプロ

能島孝志(のじまたかし)

株式会社第一石材

お電話での
お問い合わせ
0120-75-6148

コラム

「墓じまい」を考える前に読んでほしい物語(15)「父の死と我が使命」匿名希望さん(30代)

お墓物語

2017年8月30日 / 2017年9月17日更新

お墓にまつわるエピソード集「お墓物語」 

一見、同じように見えるお墓だが、実はそれぞれのお墓には、
それぞれの思いと数々のエピソードがあります。

全国の墓石を含む石材関連業者約1,300社が加盟する、
日本最大の業界団体である、(一社)日本石材産業協会では、
お墓にまつわる感動的なエピソードを集めた小冊子、
「お墓物語」を、2011年3月に発行いたしました。(非売品)




「お墓物語」を発行するにあたり、作品を募集したところ、
全国各地から数多くの応募作品が寄せられました。


その中から33名の方の作品がこの小冊子に収められています。


涙あり、笑顔あり、驚きありの素晴らしい物語ばかりです。


マスコミ等で「墓じまい」ばかりが大きく取り上げられる昨今において、
「お墓ってこんなに素晴らしいものなんだよ」ということを、
今一度、一人でも多くの人に気づいていただければと思い、
ここに、33話、全ての物語を順にご紹介させていただきます。

これまでに、以下の14のをご紹介いたしました。

(1)「祖母との出会い」/三浦るるさん
(2)「お墓参りの不思議」/伊東徳久さん
(3)「祖父のお墓で」/水野真由美さん
(4)「おはからい」/漣ほたるさん
(5)「星よりも近く」/倉木敬人さん
(6)「泣き虫」/藤田徹朗さん
(7)「田舎のお墓を訪れて」/長坂隆雄さん
(8) 「祖母の墓を抱きしめて」/梅山太郎さん
(9) 「祖母VS母・お墓バトル」/森下純一さん
(10) 「一片の桜」/咲ママさん
(11)「心の掛け橋 」/棚橋すみえさん
(12)「おじいちゃんがくれたもの」/匿名希望さん
(13)「お墓物語」/寺田聡さん
(14)「温かい土」/渡辺笑子さん

今回は、兵庫県在住の匿名希望さんの作品、
「父の死と我が使命」をご紹介させていただきます。
心温まるエピソードを通じて、家族や大切な方との絆や、
命の尊さを考えていただくきっかけになればと考えております。


「父の死と我が使命」/匿名希望さん(30代・兵庫県)

1980年9月24日に父は40歳で亡くなった。


もう30年経つ。


当時4歳の私は死が分からず、喘息の吸入器を口に入れ、
意識の無くなった父がやがて棺に入り運ばれて行くのを見て、
「父さん、どこに行くの?」と泣き叫んでいた。

36歳だった母は、6歳の姉、1歳の妹、私の3人を、
一人で育てなくてはならなくなった。


母の当時の悲しみ、不安、苦労を思うと今でも涙が出る。


僅かな貯金でお墓を建て、
その年から母と幼い3人の子どものお墓参りが始まった。




母は、墓前で父に何かを語りかけるようにお墓を見つめていた。


子どもの成長を父に報告していたのであろうか、
「苦しくても子どもを人並みに育てる」
という決意を誓っていたのであろうか。

私は幼い頃から父と同じ喘息を患い、胃腸も弱く痩せており、
母は、私がいじめにあったり、ぐれたりしないか心配して、
私が成人した後、聞いた話では、
金属バットで殴られることも覚悟していたようだ。

しかし、私は幼い頃から、「母に心配かけたくない。
悲しませたくない」との思いが強くあった。

だから、家が貧乏だとか、父が居ないとかで、
不良少年になる周りを見て、
「母の気持ちを考えたことがあるのか」
と子どもながらに思った。

今の自分があるのは母をはじめ、
多くの人のおかげで心から感謝している。

そして、この30年間、家族で行ったお墓参りが、
私の人生に大きく影響していると思う。




私にとってお墓参りは「父に会いに行くこと」であり、
「家族の絆を強める場」であり、「人は必ず死ぬ存在であり、
今を大切に生きなければならないことを再認識する場」であり、
「感謝の心を養う場」であり、「思いやりの心を育てる場」であり、
「心を洗い清める場」であった。

私は、日本、世界中の幼いお子さんのいるご家庭で、
お墓参りに行く方々が増えれば、
世の中はもっと良くなると確信している。


お墓参りをすれば子どもながらに多くのことを学ぶ。


父は40歳、そして、祖父も太平洋戦争で船が沈没し、
40歳で亡くなった。

私は、40歳を過ぎても生き抜き、
多くの方にお墓参りの良さを広めたいと思う。

それが、両親、祖父母、
お世話になった皆への恩返しであり、私の使命だ。


「お墓物語」を無料プレゼントいたします!

「お墓物語」をマイベストプロ神戸をご覧の方に無料でプレゼントいたします。
数に限りがございますので、ご希望の方は今すぐお申し込みください。

■お申込み方法

お申込みは第一石材までFAXまたはEメールにてお申込みください。
FAX・メールには、"「お墓物語」希望/マイベストプロ神戸"とご記入の上、
※お名前・ご住所・電話番号も必ずご記入ください。

・FAX:078・515・2737(24時間受付)
・メールでのお申込みはこちらまで
http://www.daiichisekizai.com/inquiry/site/

「お墓物語」は、近畿地方の方限定でお送りさせていただきます。
なお、部数に限りがありますので業者の方のお申し込みはご遠慮ください。


             
            ~つづく~



次回は、今野芳彦さん(63歳・秋田県)の作品、
「孫に引かれて歩む道」をご紹介させていただきます。


一般消費者にとって極めて分かりにくいあらゆるお墓の疑問を、
(一社)日本石材産業協会認定、「お墓ディレクター1級」資格者、
㈱第一石材・代表、能島孝志がズバリ解決いたします。(相談無料)

私ども、第一石材では、しつこい売り込みや、自宅への訪問営業、
電話での後追いなどは一切いたしておりませんのでご安心ください。

防水構造を備えたお墓「信頼棺®」の詳細はコチラ!


この記事を書いたプロ

能島孝志

能島孝志(のじまたかし)

能島孝志プロのその他のコンテンツ

Share