まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ神戸
能島孝志

お墓のプロ

能島孝志(のじまたかし)

株式会社第一石材

お電話での
お問い合わせ
0120-75-6148

能島孝志プロのコラム一覧:お墓の引越し(改葬移転)

私たち生きている人間が引越しをする際には、住民票の転出・転入届が必要なように、お墓に関しても一度埋蔵したお骨を出す場合には、法的手続き(改葬許可証)がなくお骨を出すことはできません。「改葬許可証」は古いお墓のある役所で発行してもらいます。改葬許可証発行のためには、古い墓...

Q 古いお墓を整理するに際して、その管理者へはどのようなお礼が必要ですか?また、新しい墓所に対しても同様ですか?A 先ず、公営墓地については、古い墓所、新しい墓所ともに特に御礼等の必要はありません。民営霊園や共同墓地の場合は、それぞれに定まった手数料等がある場合があります...

Q お墓の改葬移転に際して、新しい墓所に古いお墓をそのまま移転したいと考えているのですが、可能なのでしょうか?A 公営墓地では古いお墓の移転を認めている霊園はありますが、民営霊園に関しては、美観的な調和に欠ける等の理由で古いお墓の移転を認めるケースはほとんどないといえます...

Q 改葬後の古い墓所についてはどう処理すればいいのでしょうか?また、墓地の永代使用料は返還してくれるのでしょうか?A 先ず、墓地の返還に際しては、それぞれの墓地や霊園の規定により若干異なりますが、原則的には、古い石塔や外柵などすべてを撤去して更地としてお返しするのが基本で...

Q 郷里のお墓を引越し(改葬移転)しようとしましたが、古いお墓で、納骨当時に遺骨を骨壺から出して埋葬したためお骨がありません。このような場合はどう対処すればいいのでしょうか?A 納骨の方法は地域によってさまざまです。「人は大地の自然から生まれ、大地の自然に還る」といいます...

Q お墓の引越し(改葬移転)についての時期はいつとか、何かの仏事に合わせるとかはあるのでしょうか?A 特に決まった時期とかいうものはありません。改葬される当人の決定がすべてです。しかし、梅雨の時期とか、雪の積もっている中での作業、法要等は何かと大変ですから見合わせる事が...

Q 改葬してお墓を移したいのですが、費用はどの程度考えればいいのでしょうか?A お墓の引越し(改葬移転)費用は大きく分けると次の5つに分けられます。①遺骨を受け入れるための新しい墓所の永代使用料(土地代)②新しくお墓を建てる建墓費用・郷里にある墓石を使用する場合は移転費用...

Q 現在、郷里の九州にあるお墓を神戸に移したいと考えていますが、移転に際して手順よく進めるにはどんな点にちゅういすべきでしょうか?A お墓の引越し(改葬移転)には法的手続き、関係者への通知、実際に改葬するための石材店への依頼などがあります。改葬を決めるのは当人ですが、確...

~前のコラムからの続きです~■お墓の改葬移転は決して難しいものではないお墓の改葬移転を考える方が直面するのが、面倒、大変ということであります。しかし行動を起こせば以外と簡単なことであります。ただ、家の引越しのように、自分で荷造りをして運ぶというわけにはいきません。古...

~前のコラムからの続きです~■お墓の改葬移転へ田舎を離れ都市での生活基盤ができ、いまさら田舎へ帰ることは諸事情を考えても難しいとなると、田舎のお墓を自信の生活の場である都市部に、自分自身の入るべきお墓の建立と合わせて先祖の遺骨を移すことが、最良の方法であると考える方が...

~前のコラムからの続きです~■簡単にお墓参りができないお盆や春秋のお彼岸になると必ずといっていいほど墓参のニュースが流れます。そんな時、お墓は田舎にあり、すぐにお墓参りに行けない者にとっては、より一層お墓参りへの思いが募り、先祖への申し訳なさが強くなります。現役中は...

~前のコラムからの続きです~■お墓を守り次代へ託すお墓というものを物理的に考えれば、「故人の遺骨を収蔵した石の墓標」と言えるでしょう。しかし、お墓というものは、この物理的なことよりも、精紳的にはるかに大きな意味をもつものであります。お墓に眠る者が父母であれ、ご先祖で...

■お墓の承継が困難な時代第二次世界大戦後の新民法の発布は古くから伝わってきた風習から脱して、民主主義の旗のもとに定められたものでありますが、とりわけ家長制度の廃止と、遺産贈与の平等などは、日本古来の家制度の崩壊を意味するものであり、そのことは予測されていたことではありま...

能島孝志プロのその他のコンテンツ

Share

能島孝志のソーシャルメディア

twitter
Twitter
2018-09-12
google-plus
Google+
facebook
Facebook