まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ神戸
能島孝志

お墓のプロ

能島孝志(のじまたかし)

株式会社第一石材

お電話での
お問い合わせ
0120-75-6148

能島孝志プロのコラム一覧:永代供養墓

 Q./質問  Sさんは妻を亡くし、お墓をどうするかで悩んでいます。兵庫県の北部出身、現在78歳のSさんは学校卒業後に神戸に出て来られ、その後も郷里に帰らず、妻と共にずっと神戸で暮らしています。Sさんは三男で、郷里にある亡き両親や先祖の墓は、亡き長男の息子が跡を継い...

(1)日本のお墓の歴史と現状(2)現代社会におけるお墓の悩み(3)永代供養墓とは?(4)寺院永代供養墓、運営の実態。(5)出入りの石材店に相談して大丈夫?(6)お金をかけすぎていないか?(7)消費者のニーズを考えているか?(8)宗教、宗旨・宗派不問かどうか?(9)集客方...

(1)日本のお墓の歴史と現状(2)現代社会におけるお墓の悩み(3)永代供養墓とは?(4)寺院永代供養墓、運営の実態。(5)出入りの石材店に相談して大丈夫?(6)お金をかけすぎていないか?(7)消費者のニーズを考えているか?(8)宗教、宗旨・宗派不問かどうか?〜上記の...

(1)日本のお墓の歴史と現状(2)現代社会におけるお墓の悩み(3)永代供養墓とは?(4)寺院永代供養墓、運営の実態。(5)出入りの石材店に相談して大丈夫?(6)お金をかけすぎていないか?(7)消費者のニーズを考えているか?〜上記のコラムからの続きです〜永代供養墓...

(1)日本のお墓の歴史と現状(2)現代社会におけるお墓の悩み(3)永代供養墓とは?(4)寺院永代供養墓、運営の実態。(5)出入りの石材店に相談して大丈夫?(6)お金をかけすぎていないか?〜上記のコラムからの続きです〜コンビニが多くの需要があるからといって、どこ...

(1)日本のお墓の歴史と現状(2)現代社会におけるお墓の悩み(3)永代供養墓とは?(4)寺院永代供養墓、運営の実態。(5)出入りの石材店に相談して大丈夫?〜上記のコラムからの続きです〜お寺が永代供養墓の事業運営に成功するかどうかは、開始当初にお金をかけすぎていな...

(1)日本のお墓の歴史と現状(2)現代社会におけるお墓の悩み(3)永代供養墓とは?(4)寺院永代供養墓、運営の実態。〜上記のコラムからの続きです〜現代社会においては、お寺と人との関わり方が大きく変化しています。先ずは、核家族化や跡継ぎ問題による檀家離れ。そ...

(1)日本のお墓の歴史と現状(2)現代社会におけるお墓の悩み(3)永代供養墓とは?〜上記のコラムからの続きです〜近年においては、全国の数多くのお寺が永代供養墓を展開しています。しかし、すべてのお寺がその運営に成功しているわけではありません。…というよりも、む...

(1)日本のお墓の歴史と現状(2)現代社会におけるお墓の悩み〜上記のコラムからの続きです〜お墓は様々な種類の墓地に建てられています。それは、お寺の墓地、地域の共同墓地、公営・民営の霊園であったりと様々です。しかし、いずれの墓地にお墓があったとしても、そのお...

(1)日本のお墓の歴史と現状〜上記のコラムからの続きです〜現在社会におけるお墓の悩みといえば、なんと言っても、核家族化や少子・高齢化によるお墓の承継問題です。近年においては、生涯結婚をしない人、結婚しても子供をつくらない夫婦、また、身寄りがない一人暮らしの高齢...

現在のような、石碑としてのお墓が一般的に建てられるようになったのは、江戸時代の中期以降のころからだと言われています。それでも、今日のように誰でもがお墓を建てられる時代ではなく、権力や財力を持つ、一部の富裕層に限られたものでした。そのお墓も、現在のように一家の墓とし...

子供がいない、後継ぎがいない、身寄りがない、という方にとっては、お墓の問題はつきものです。個人ごとにお祀りさせていただく「永代供養墓」を開苑している、神戸市営地下鉄「大倉山」駅下車すぐの、楠木正成ゆかりの寺、楠寺(廣嚴寺・こうごんじ)「瑠璃光苑(るりこうえん)」。...

~前のコラムからの続きです~寺院境内には楠光さんの墓所のほか、薬師如来像や楠光菩提600年を記念して建立された十三重塔、松尾芭蕉の句碑や鐘楼があり、歴史散策が楽しめます。ほっこりしたいなら、お抹茶で一服されるのも格別です。また例年12月31日の除夜に振舞われる大人気の「年...

楠寺は、大倉山公園、神戸文化ホール、市立中央図書館がある神戸有数の文化ゾーン、大倉山の中ほどにあります。界隈では「楠光さん」の名で親しまれる「湊川神社」が有名ですが、このお寺も天下の名将、楠木正成公とゆかりが深い。開山は元徳元(1329)年、明極楚俊(みんきそしゅん)禅師...

能島孝志プロのその他のコンテンツ

Share

能島孝志のソーシャルメディア

twitter
Twitter
2018-09-23
google-plus
Google+
facebook
Facebook