まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ静岡
鈴木寛彦

心に寄り添う漢方薬のプロ

鈴木寛彦(すずきひろひこ)

有限会社むつごろう薬局

お電話での
お問い合わせ
054-247-6006

鈴木寛彦プロのコラム一覧

本日20時から、BSプレミヤム「偉人たちの健康診断スペシャル」にて、少しお話をさせて頂いています。よろしければご覧ください。

1年前からかゆみが出るようになり、キンカンをぬって一時しのぎできたが、耐えられなくなりご来店。特に寝るとかゆみが酷い。尿をするとしみる感じがあり、トイレに行きたい感じがある。八味地黄丸と、自家製漢方の塗り薬「紫雲膏」を使用していただくこと7日、胸は奇麗になった。続けて14...

皆さんこんにちは。 暑くジメジメした季節の始まりです。汗は不快ですが、体の毒素を出してくれます。水分補給に気を付けながら朝食前の15分の運動で汗を流すとよいと思います。ついでに休日のお昼寝30分もお忘れなく。 さて、私は2018年東邦大学薬学部の漢方講義も終わり、少...

虫が嫌いな方には、すいません。上が漢方樹木の黄柏(キハダ)に着く虫で、下が当帰に着く虫です。様相が全然違いますよね。黄柏は胃薬に、当帰は婦人薬によく使用されます。この二匹をみていると、それぞれ特徴があって、つい見入ってしまいます。そのままにしておくと...

2018年東邦大学薬学部生薬学講義が終わりました。 5月、6月とお休みの日を頂きまして、ありがとうございました。今年も楽しく、充実した時間を過ごせたことに感謝しております。 講義の内容は時間との関係で、残してしまったところが多くありました。学生の皆様には申し訳なく思い...

昨日畑に行ってまいりました。余りにも多くの当帰の花に感動を覚えました。当帰の花の周りにたくさんの蜂が飛んでいました。通常は、花をつけると根がやせてしまうため、早い段階で刈り取ってしまいますが、今回は種の収穫もありましたので。 これほどの花は珍しく、昨年から...

今回は、『呉茱萸(ごしゅゆ)』という生薬を紹介します。呉茱萸はミカン科の落葉低木、ゴシュユ、ホンゴシュユの未成熟な果実です。黒っぽい色で、直径2~5mmの球形の小さい粒です。精油を含んでいて芳香があり、味はかなり辛みが強く苦みもあります。呉茱萸は胃腸や内臓を非常によく温める働...

薬草「柴胡」 学名はギリシャ語のBupleurum falcatum Linne。牛という意味のbousと、肋骨という意味のpleuronからつけられた名前で、葉の形を言っています。falcatumは鎌形と言う意味でやはり葉の形から。以前、無農薬有機肥料による自社栽培を何度も試みましたが労力とコストが噛み合わ...

Sさんは、お子さんを考えて2年になります。3年前の流産で精神的に大きなショックを受けてしまい、いつも鬱々してしまいがち。手の平がほてり、冷えのぼせがあり、疲れやすい。血圧は100、50と低血圧気味。小便は日に6回、大便は2−3日に1回。めまいがあり、唇は乾燥していました。冷たい物を...

皆さん、三島柴胡はご存じですか。漢方の世界では、高麗人参と同じくらい有名な薬草です。三島柴胡と言うだけあって静岡県の三島が本場の産地。只今では野生のものは殆どありません。その柴胡は、私にとって一番の思い出深い生薬なのです。なぜなら薬草栽培で初めて育てた生薬だからです。そ...

むつごろう薬局東京店(むつみ薬局)で、以前からお世話になっています大嶽さんが大変素晴らしい作品を作られました。大嶽さんは東京で活躍されてきたデザイナーでこの度、故郷の静岡にお戻りになられました。この度の作品も大変心温まるものです。お店にて、販売もしていますのでご興味のある方は...

                      (写真は、芍薬の花:2018年5月2日撮影)お子様を考えて2年、なかなか子宝に恵まれない。冷えがひどく、生理は2-3日で終わってしまう。多嚢胞性卵巣があるため、クロミッドとHCGで排卵させていた。 イライラ、気が沈むといった神経症状が...

爪もみ療法というものを聞いたことはありますか?1日2~3回、手足の爪の生え際(1本の指で2箇所、片手だと10点)を少し痛いくらいの強さで10秒ずつ押すと、乱れた自律神経をバランスのとれた状態に戻してくれるというものです。実は爪の生え際の点には、全部ではないですがツボがあります。...

年の当帰の苗が奈良から届きました。小さいながら、とても良い当帰の香りがします。今年は大変不作で、サイズも小さく本数も少ない状態でが、しっかり育ってほしいと思います。当帰の成長は、また、HPでお知らせいたします。 

先週、むつごろう無農薬、有機肥料で作った当帰が入荷いたしました。当帰の良い香りが、薬局一面広がっています。当帰は、むつごろう薬局が女性のための漢方薬にこだわりはじめた2002年ごろから本格的な栽培を行っています。現在は、千葉の東邦大学の近くにて作っています。 日本薬局方試...

鈴木寛彦プロのその他のコンテンツ

Share

鈴木寛彦プロのその他のコンテンツ