まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ大阪
神野沙樹

「活き生き組織」をともに作るプロ

神野沙樹(かみのさき)

株式会社Niesul(KES社労士事務所併設)

コラム

【ストレスチェック3】メンタルヘルス対策を何もしていません。企業として何から手を付ければよいので

メンタルヘルスに関すること

2014年9月22日 / 2014年9月27日更新

【ストレスチェック3】メンタルヘルス対策を何もしていません。企業として何から手を付ければよいのでしょう

こちらの質問も、よく受ける質問のひとつです。

この質問を受けたときに私どもが回答するのは「メンタルヘルスプロジェクトチーム」を作ってみてはいかがですか?ということ。

何だか大層だな…
そう感じられるでしょうか。

しかし、一番これが早いと感じます。
その理由は2つです。

プロジェクトチームを作る2つの理由


1つは、現在「何かメンタルヘルス対策を講じないと」と思っていらっしゃるみなさんが居ます。
しかし、みなさん日々の業務でお忙しいことと思います。

「頭では分かっているけれどなかなか手が付けられない…」
これが本音ではないでしょうか。

それであればいっそのこと「プロジェクトチーム」(または「メンタルヘルス委員会」でも、名前は何でも結構です)を作ってしまうことで、他の人と協力して取り組んでいくことが出来るからです。


理由の2つ目は、「メンタルヘルス対策を一人でやっても、本質が変わらない」からです。

つまり、メンタルヘルス対策をお一人でされたとします。
色んな取り組みを考えたとしましょう。

それを、全社員に周知して、社員は「言われたから仕方なく」と意識を向けます。

これで本当に意味があるでしょうか。
会社として、「メンタルヘルス問題に向き合わなければ」と対応が変わっていくでしょうか。

正直、なかなか難しいと思います。
メンタルヘルス問題は、「各人の意識」が大切です。

1人ですべてを進めていくことは非常に大変です。

だからこそ、メンタルヘルス対策を取り組む中心メンバーを決めて、複数人で進めていくことをおすすめしています。

ですので、もし「何かしなければ…でも何からしたらよいのか」と悩んでいらっしゃる場合は、「まず形を作る」ことから始められてはいかがでしょうか。

***関連コラム***
【ストレスチェック】50人未満の企業なら実施しなくてもいい?

【ストレスチェック】本人が受診を拒否しました。対策はある?

【ストレスチェック】メンタルヘルス対策を何からすれば?

【ストレスチェック】義務化されるのはいつからなのでしょうか

【セミナー】ストレスチェック法案と企業の対策

【セミナー】いま企業に求められているメンタルヘルス対策とは

**********
【リンク】
KES社労士事務所 ホームページ

------------------------------------------------------
【生き活き企業・生き活き人になるためのお役立ちサイト】
有機人々・ユウキじんじん オープンしました!

【株式会社Niesul(ニースル)】
弊社ホームページをリニューアルしました!

この記事を書いたプロ

神野沙樹

神野沙樹(かみのさき)

神野沙樹プロのその他のコンテンツ

Share

神野沙樹のソーシャルメディア

rss
ブログ
2018-09-25