まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ大阪
神野沙樹

「活き生き組織」をともに作るプロ

神野沙樹(かみのさき)

株式会社Niesul(KES社労士事務所併設)

コラム

【ストレスチェック2】本人が受診を拒否しました。強制的に受診させる対策はあるのでしょうか?

メンタルヘルスに関すること

2014年9月18日 / 2014年9月27日更新

【ストレスチェック2】本人が受診を拒否しました。強制的に受診させる対策はあるのでしょうか?

このご質問は、定期健康診断のときも同様に寄せられる質問のひとつ。
答えは「強制的に受診させる対策」はありません。

誤解の無いようにお伝えしておくと、「対策はない」というのは、あくまでも「法律で受診が義務付けられていることはない」ということです。

実は、法律案を決めていたとき、「労働者は受診しなければならない」という受診を義務付ける条文も盛り込まれていたそうです。
しかし、最終的にこの条文は無くなりました。


本人が受診を拒否したら会社はそのまま放っておいていいの?


いいえ、そんなことはありません。
会社としては、働く従業員の健康状態を知っておき、対策を講じなければならないからです。

本人が受診を拒否したから放っておいた
 ↓
メンタルヘルス不全になった
 ↓
本人が受診を拒否したのだから、会社に何の責任もない

ということになならないのです。


拒否された場合はどうすればよいのでしょうか?

ここから先は、「法律論を超えた話」です。

あとは、従業員に納得してもらうしかありません。
それは、無理にでも受けさせるというより、「従業員と向き合う」ということです。

・会社は健康状態を知っておく義務があること
・いつまでも元気に働いてほしいと思っていて、そのために必要であること
を伝えるとともに、日ごろからの信頼関係を築いておく必要があると思います。

法律で解決できることと、出来ないこと…
出来ないことについては、「真摯に向き合う」。残念ながらこれしかありません。

「北風と太陽」という童話でもあるように、「無理やり」何かをさせようとしても、相手は意固地になるだけ。
目的、理由をしっかりと伝えることが大切だと私は思います。


***関連コラム***
【ストレスチェック】50人未満の企業なら実施しなくてもいい?

【ストレスチェック】本人が受診を拒否しました。対策はある?

【ストレスチェック】メンタルヘルス対策を何からすれば?

【ストレスチェック】義務化されるのはいつからなのでしょうか

【セミナー】ストレスチェック法案と企業の対策

【セミナー】いま企業に求められているメンタルヘルス対策とは

**********
【リンク】
KES社労士事務所 ホームページ

------------------------------------------------------
【生き活き企業・生き活き人になるためのお役立ちサイト】
有機人々・ユウキじんじん オープンしました!

【株式会社Niesul(ニースル)】
弊社ホームページをリニューアルしました!

この記事を書いたプロ

神野沙樹

神野沙樹(かみのさき)

神野沙樹プロのその他のコンテンツ

Share

神野沙樹のソーシャルメディア

rss
ブログ
2018-09-17