まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ岡山
宮本裕文

不動産コンサルタントのプロ

宮本裕文(みやもとひろふみ)

有限会社富商不動産販売

お電話での
お問い合わせ
086-253-1217

コラム

ちょっと一息。(立木の所有権の譲渡)

ちょっと一息しませんか。

2015年9月27日 / 2018年9月13日更新

明認方法。

先日、テレビで立木の所有権譲渡に関して、裁判所の判断を紹介していました。
大変古い法律で、立木の所有権譲渡のみ適用されるとのことですが・・・。
(最初から観ていなかったので、間違いがあればご容赦ください。)

立木の所有者Aさんは、同じ日に二人の人に立木を譲渡しました。(実際にはありえな
い行為ですが・・・)

Bさんには口頭で無償(贈与)とし、Cさんには契約書を作成し、金10万円にて譲渡し
ました。さて、どちらの所有権が優先されるのでしょうか?私は、同じ日でも時間の前後
によって判断されるものと思っていましたが・・・。

意外な事に、立木の所有権譲渡に関しては「その立木が自分のものであると明示」する
ことが重要で、裁判所は「この立木は○○(私)のもの(所有)です。」と名札等を先に設置
した人を「明認方法を講じた」とし所有権の譲渡を優先すると判断したとのことです。

子供のころ、「自分の物には名前を書きましょう。」と指導されましたが・・・簡単な方法で
、自分の所有権を主張する効果は大きかったと思います。
あくまでも、立木に関しての裁判所の判断です。      ・・・ちょっと一息でした。・・・


○随時、不動産相談の受付をしています。 086(253)1217
○不動産のセカンドオピニオン 岡山市の売買・賃貸コンサルタント 
○料金表 http://mbp-okayama.com/tomisyo/service1/

この記事を書いたプロ

宮本裕文

宮本裕文(みやもとひろふみ)

宮本裕文プロのその他のコンテンツ

Share