まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ岡山
宮本裕文

不動産コンサルタントのプロ

宮本裕文(みやもとひろふみ)

有限会社富商不動産販売

お電話での
お問い合わせ
086-253-1217

コラム

越境物と境界標

不動産は奥深い。

2018年3月23日 / 2018年8月18日更新

越境物の解決と境界の明示


●越境物の解決方法

土地や建物を売買するとき、隣地所有者と境界の確認をします。
その時、越境が発見されることは、しばしばあります。例えば、屋根の庇(ひさし)部分、室外機、各種メーター類などです。
隣地からの越境もあれば、こちらからもあります。そこで越境に対して、当事者はどのように解決すればよいのでしょうか。

越境が発見されても、簡単に除去・撤去がでる(物)であれば、すぐに解決しますが、実際は除去・撤去自体が困難な場合や、多額の費用が掛かる場合があり現実的ではありません。

そこで通常当事者は、越境部分に関し「再建築するまでは現状の通り使用し、再建築の時には除去・撤去する」旨の書類を交わします。この書類には重要な3項目が不可欠です。

越境が発見されても、このような書類を当事者同士交わすことで、お互い安心し、トラブル等の回避となります。


●境界の明示

「第○条 売主は、買主に本物件引渡しのときまでに、隣地との境界を現地において明示する」

通常、売買契約書には上記のような境界明示義務が入っています。境界の明示方法については、単純に現地にて境界標や杭、その他の現況を基準として隣地との境を買主に説明すれば良いと思われがちですが、実際は隣地所有者もその境を認めている事が重要となります。

万が一、隣地所有者が認めていないのであれば、境界紛争がある土地として買主に説明する義務があります。

また売主は現地での境界明示だけではなく、隣地所有者も承諾している根拠を買主に提示する場合がほとんどです。



○営業時間 平日9:00~17:00 土曜日9:00~1300  日曜・祝日は定休日です。
○随時、不動産相談の受付をしています。(定休日も可)
○売買・賃貸借のご依頼もお受けしています。
不動産買取ります。

この記事を書いたプロ

宮本裕文

宮本裕文(みやもとひろふみ)

宮本裕文プロのその他のコンテンツ

Share

宮本裕文プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
086-253-1217

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

宮本裕文

有限会社富商不動産販売

担当宮本裕文(みやもとひろふみ)

地図・アクセス