マイベストプロ宮城

コラム

わたしを動かした 「言葉」

2015年5月28日 公開 / 2015年7月28日更新

テーマ:言葉のちから

今から30数年前・・・
学校を卒業して勤めたのは 社員7人の 小さな石材会社でした。
女性3人の事務仕事。石の上にも5年(?) ・・・まじめに コツコツと 勤めました。

そんなある日 課長に言われた 「一言」

「あんた達3人の仕事は パソコン一台で足りる仕事だ!」


体が震えるほど悔しかったのを 今でも覚えています。
でも 課長が言った その 「言葉」 は 紛れもない事実。
でも そんな 「言葉」 は 二度と言われたくない。

ならば・・・私にしか出来ない仕事をしよう!!
そう胸に刻んで 思い切って 課長に言いました。

「どうぞ パソコンを買って下さい!!」

そうして私は 次の日 会社を辞めました。

そんな時 舞い込んだ 友人の結婚披露宴の 「司会役」 。 初めての体験でした。
市販の司会本を書き写した 手書きの原稿を手に 震える手でマイクを握りました。
新郎新婦に 「おめでとう!!幸せに!!」 の思いを込めて、その時自分にできる事を精一杯やりました。

そして 披露宴がお開きになったとき 新郎新婦に言われた 「一言」

「ありがとう!! あなたにお願いして良かった!!」


嬉しくて 嬉しくて 涙がとまりませんでした。

人に 「ありがとう」 と言ってもらえる仕事。喜んでもらえる仕事。私らしさが活かせる仕事。
「これだ!!」 と思いました。

そして更に 会場の担当者から言われた びっくりの 「一言」

「司会の仕事をお願いしたいので、連絡先を教えて下さい!」


これが 私のMC人生のスタートラインです。
気がつけば 3000件以上のカップルに 「おめでとう」 のことばを贈りました。

涙がでるほど 嬉しいことば
涙がでるほど 悔しいことば
涙がでるほど 面白いことば
涙がでるほど 切ないことば
涙がでるほど 心にしみることば

そんなたくさんの 「言葉」 に支えられて 今私は ここにいます。



「司会の仕事について」 はこちら http://www.stage-up.info/contents/master.php

この記事を書いたプロ

長野淳子

生きた言葉のプロ

長野淳子(ステージ・アップ)

Share
関連するコラム