まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ神奈川
大橋理宏

多様な石工加工に対応する石工技能士

大橋理宏(おおはしまさひろ)

株式会社大橋石材店

コラム

毎年かきます 今年は特に不幸な事故もあったので 地震とお墓

大切なこと

2018年3月11日 / 2018年9月21日更新

震災から7年の月日が

毎年かいておりますが

地震の時は、絶対にお墓など重量物のそばから離れてください

できるだけ拾い場所に逃げてください。

新潟の地震の時は4m飛んだという話もあります。

接着が完璧だとしてもその中で一番弱いつなぎ目から剥がれます。

接着がしっかりしていると基礎コンクリートと石のつなぎ目がはがれ丸ごと飛びます。

あんな重い石が?

人間の基準の重さではなく地球のひずみで直下型は跳ねるので、お墓の重さ程度大したことではないと思ってください。

また横揺れの時は少しずつ連れて倒壊します。

その際ひな壇の墓地で下方向に石が落ちると、ドミノ倒しのように下に落ちていきます。

傾斜地にいるときはできるだけ高いところで石のないところに逃げるのが良いと思います。

最近の工事は割としっかりつけてあってもはがれることがあり、さらには古い墓石となると先日不幸な事故があったように載せてあるだけのお墓も少なからずあるのです。

お墓は重いから動かないということはなく、飛ばすほどの力が大地震にはあるので地震を感じたら石から逃げるのが正解です。

まちがってもくっついていれば大丈夫なんてことはありません

つぶれてしまえば命を落とすこともあることを忘れないでください。

大橋理宏関連ホームページ


横浜横須賀の“いいお墓づくり”は大橋石材

良材建墓

生前予約の墓じまいお墓のみとり®

整えライフセミナーこちらから

この記事を書いたプロ

大橋理宏

大橋理宏(おおはしまさひろ)

大橋理宏プロのその他のコンテンツ

Share

大橋理宏のソーシャルメディア

rss
ブログ「石って」
2018-06-20
twitter
Twitter
2018-09-21
facebook
Facebook

大橋理宏プロのその他のコンテンツ