まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ神奈川
大橋理宏

多様な石工加工に対応する石工技能士

大橋理宏(おおはしまさひろ)

株式会社大橋石材店

コラム

お墓用語の基礎知識 竿石の上の部分の加工の名前

お墓用語の基礎知識

2016年3月7日 / 2018年11月17日更新



昨日の写真に注釈をつけました。

左から「なで」と弊社では呼んでいます。

和型でこの加工を国内ですればそれほど費用は掛かりませんので国産材の時、価格を伸ばさないようにするにはこちらがお奨め。

真ん中は「香箱」(こうばこ)

中国加工が主流となり復活してきた形です。国内よりも明らかに加工費は抑えられますのでかなり復活したものと思いますが、国内加工でこれをするとそれなりのお値段になります。(加工する会社によって価格は異なります)

右端は「くしがた」と良く言っていますが、誰かに確認したこともなく、いまさら聞けないというところですが書きました。

このように両端を丸くRに加工したものをそう呼んでいます。

というわけで明日はその他の和型の棹石を見ていきましょう。

大橋理宏関連ホームページ


横浜横須賀の“いいお墓づくり”は大橋石材

良材建墓

生前予約の墓じまいお墓のみとり®

整えライフセミナーこちらから

この記事を書いたプロ

大橋理宏

大橋理宏(おおはしまさひろ)

大橋理宏プロのその他のコンテンツ

Share

大橋理宏のソーシャルメディア

rss
ブログ「石って」
2018-06-20
twitter
Twitter
2018-11-16
facebook
Facebook

大橋理宏プロのその他のコンテンツ