まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ神奈川
大橋理宏

多様な石工加工に対応する石工技能士

大橋理宏(おおはしまさひろ)

株式会社大橋石材店

コラム

前略 墓の中から 第1章 約束が違う!さだ子の嘆き

故人の気持ちになってみた

2013年9月2日 / 2018年9月21日更新

「さ・だ・子さん。やっと来たわね!待ちわびてたわよ」

「あ、そうだ私、今日お墓に納骨されるんだった。って、え~っ、約束が違うじゃないの。私絶対お義母さんと一緒のお墓はいやだって、あれほど死ぬ前にいっていたのに。絶対恨んででてやる~」

そう、さだ子は先日亡くなり、今日が納骨の日です。
義母のありし日は、随分と厳しい言葉をいただき、そして介護も。
自分が病気になったのも義母の介護疲れだと周りにはこぼし、義母とは絶対に同じお墓に入れてくれるなと檀那さんに伝えていたのでした。

「ねえ、さだ子さん。この世界ってなんでも聞こえちゃうの。だからあなたの今の気持ちも丸見えなの。でもね、あなたがきたら、ずーーっと言いたいことがあったのよ」

「まさかのお礼かしら?」

「それも聞こえているわよ」

家墓のカロートの中にはほかにも骨壷はいくつかある。でも義母以外は誰もいないようだ。

「おかしいな。確か旦那のおじいさんおばあさんとお義父さんも入っているはずなのに」

「そうなのよ、私が来たときは檀那(義父)もいたんだけど何年かするとまた違う世界に行っちゃうみたいなのよ。それが何年かはわからないんだけど」

お互いのこころの声が聞こえ自然と会話になってしまう。

続く

大橋理宏関連ホームページ


横浜横須賀の“いいお墓づくり”は大橋石材

良材建墓

生前予約の墓じまいお墓のみとり®

整えライフセミナーこちらから

この記事を書いたプロ

大橋理宏

大橋理宏(おおはしまさひろ)

大橋理宏プロのその他のコンテンツ

Share

大橋理宏のソーシャルメディア

rss
ブログ「石って」
2018-06-20
twitter
Twitter
2018-09-21
facebook
Facebook

大橋理宏プロのその他のコンテンツ