マイベストプロ石川
上野峰喜

環境に優しい電解水や食品資源リサイクル機器のプロ

上野峰喜(うえのみねき)

株式会社金沢テックサービス

コラム

先人の教訓を、今に活かす

2019年7月9日 公開 / 2019年7月16日更新

テーマ:くらし

過去に発生した津波、洪水、火山災害、土砂災害など自然災害の当時の様子を
伝える石碑やモニュメントを「自然災害伝承碑」という。

東日本大震災の時に、先人が後世のために刻み込んだ碑等が活かされなかった
という苦い経験があった。

国土地理院は、この6月よりこの自然災害伝承碑に、新たに制定した地図記号を
制定し、「地理院地図」に掲載し公開している。
地理院地図  ↓
https://maps.gsi.go.jp/#5/36.104611/140.084556/&base=std&ls=std&disp=1&vs=c1j0h0k0l0u0t0z0r0s0m0f1




記載されている箇所の記号をクリックすると、その災害の種類や年月などが
碑の写真とともに拡大される。

スタート時は、全国でまだ160カ所位であるが、今後順次調査を重ね増やしていく予定。
また、9月からは神の地図にも掲載を始める予定である。
※現段階で、石川県は平成19年の発生した能登半島地震を記載した碑のみである。
 (輪島市門前町総持寺通りに設置したもの 写真 ↓)




やっと、先人の教訓が活かされることになった。
これを活用し後世に伝承するか? 否か?は、現代人の私たちの責務である。

(株)金沢テックサービス
URL https://kanazawa-ts.jimdo.com

この記事を書いたプロ

上野峰喜

環境に優しい電解水や食品資源リサイクル機器のプロ

上野峰喜(株式会社金沢テックサービス)

Share
関連するコラム