まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ石川
上野峰喜

環境に優しい電解水や食品資源リサイクル機器のプロ

上野峰喜(うえのみねき)

株式会社金沢テックサービス

コラム

金沢ゆかりの老舗店が消える

時事問題

2018年6月11日 / 2018年6月22日更新

先日、「ぬれ甘なつと」「花園万頭」で親しまれていた花園饅頭社(東京都新宿区)が業績不振のため自己破産申請をしました。

東京土産として、「ぬれ甘なつと」を食された方も多いと思います。

                             ぬれ甘なつと像


1834年(天保5年)金沢で創業した石川屋本舗をルーツとし、金沢にゆかりのある老舗店です。
意外とあの「ぬれ甘なつと」のルーツが金沢であったことを、ご存知出ない方が多いと思います。

1906年(明治39年)に3代目の石川弥一郎氏が暖簾分けの形で上京し、最初は青山で産声をあげます。しかし、1929年(昭和4年)に火災で店舗と工場を全焼失します。
翌1930年(昭和5年)に、加賀藩前田家の御用地であった現在地(東京都新宿区)に移転。
近くの花園神社に因んで「花園万頭」と名付けた新製品を発売し、屋号も「花園万頭本舗」に変えます。

                               花園万頭


花園万頭は細長い俵型で材料と製造方法にこだわり、千葉県産とろろ芋、上新粉、上白粉で生地を作り、北海道十勝産の小豆、ざらめ、四国和三盆糖で練り上げた餡を包んでいます。
そして、一つずつ職人の手で作られています。
発売以来「日本一高い、日本一うまい」を、一貫してキャッチコピーとして販売してきましたが、生菓子であることから日持ちが3日間と短いため、ネットでの取り扱いはせずまた数量限定販売となっていたため、ほとんどが早く完売してしまう菓子でした。

バブル期の不動産投資による有利子負債と、ピーク時の売上の半減になるほど業績悪化が原因として、今回の自己破産申請となったようです。

老舗企業といえども、本業以外に広く手を出すこと、時代の流れや消費者の「風」を読み間違えると消えていく教訓例のようです。

まさに、「盛者必衰の如し」です。


いま銘菓が一つ消えようとしています。

(注) 金沢にある石川屋本舗と今回の花園饅頭社とは、現在では全く関係はありません。

(株)金沢テックサービス
URL https://kanazawa-ts.jimdo.com

この記事を書いたプロ

上野峰喜

上野峰喜(うえのみねき)

上野峰喜プロのその他のコンテンツ

Share

上野峰喜プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
076-287-6444

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

上野峰喜

株式会社金沢テックサービス

担当上野峰喜(うえのみねき)

地図・アクセス