まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ石川
上野峰喜

環境に優しい電解水や食品資源リサイクル機器のプロ

上野峰喜(うえのみねき)

株式会社金沢テックサービス

コラム

「陰で支える」に徹する

2016年7月8日

4月20日付の当コラム「生ごみ処理から地域貢献へ」に対する反響が大きく、多くの方々より大変貴重なご意見を頂きました。お読み頂いた方々から、「よかった」が22件も(7月6日現在) ご評価を頂いていることが、それを現しているのかも知れません。

「この活動をもっと、詳しく知りたい」、「活動の流れを知りたい」等々のご意見が多くを占めたこともあり、活動されていらっしゃる福光ワースフル社様のご了解を頂き、今回よりこのコラムを通して、何回かに分けてその詳細な内容をご紹介したいと思います。

福光地区内の中学校、小学校、保育園 計6ヶ所を毎日定時巡回し、各施設で排出された食材の切れ端や、食べ残しを回収します。
各施設側は、所定の容器に入れ所定の場所に提出し、福光ワースフル社様は前日に回収し洗浄した容器と交換をします。
1ヶ所当たり、重いものでは約10kg以上の重さがある重労働な作業です。


この仕組みが導入されるまでは、各施設は一般の家庭ごみと同様にゴミステーションに出しており、回収の回数が限られているために、1回当たりの重さは30kgを超え、その間の臭いや虫対策のため、保管にも大変ご苦労されたようです。
特に夏場は、そのご苦労が多かったとのことです。


この仕組みが導入されたことによって、各施設の現場の方々の生ごみ処理と保管から解放され、大変助かっているとのことです。この仕組みが、いつまでも続くことを切望されていました。

回収作業を終えた福光ワースフル社様は、回収した生ごみを、当社の食品資源リサイクル機器「マジックバイオくん」によって処理され、1/10の量の残渣になります。
この残渣は、このあと加工処理され有機栽培用の堆肥に代わります。その堆肥は、高品質の肥料として野菜の栽培等に使用され、生育、成熟後は、また食材として活用されます。

この一連の「小さな循環システム」は、福光ワースフル社様をはじめ、多くの方々の「地道なご努力」によって成り立っていると、言っても過言ではありません。

各施設での給食が続く限り、毎日定時回収を止めることはできません。どれ一つとしてこの作業が欠けても、システムは循環しません。
まさに、「陰で支えるに徹する」の一言に尽きると思います。


これからも当社は、地道に、そしてひた向きに環境問題と向き合っている方々を、実例としてご紹介して行きたいと考えております。

(株)金沢テックサービス
URL https://kanazawa-ts.jimdo.com

この記事を書いたプロ

上野峰喜

上野峰喜(うえのみねき)

上野峰喜プロのその他のコンテンツ

Share

上野峰喜プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
0767-22-1655

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

上野峰喜

株式会社金沢テックサービス

担当上野峰喜(うえのみねき)

地図・アクセス

上野峰喜プロのその他のコンテンツ