まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ神戸
山本勝之

介護事業に効果的な労務アドバイスを送るプロ

山本勝之(やまもとかつゆき)

ゆい社会保険労務士事務所

コラム

介護職員との面談は、どのぐらいの頻度で行うのか

介護施設・事業所では、毎年1~2回、介護職員への面談が行われています。


この面談は、どのぐらいの頻度で行うものでしょうか?

毎年1~2回では、少ないような気がします。
なぜなら、介護職員の離職状況を見ると、
3カ月を待たずに離職してしまう方が多いからです。

毎年3~4回は定期的に行い、
採用したての方、新たにリーダーや管理職になった方、
仕事中もイライラしている方、愚痴が多い方などは、
1週間に1回程度、そんなに長い時間でなくても良いので、
面談をしましょう。


はじめの頃は、今の現状を尋ねます。
自分ではどんな状態と感じているのか、
上司としてどんな風に見えているのか、
お互い率直に話を出し合います。

ここでは、上司の方は指導するのではなく
部下の思いをまず受け止めましょう。


次の面談では、前回話してみてどうだったのか、
1週間どうだったのかを面談で尋ねてみましょう。

また、部下自身でできること、やってみたいことを
話せるようにして、次の面談まで取り組めるようにしましょう。


面談と面談の間では、こまめに声をかけることもよいですが、
前の面談の進捗状況はそんなに聞かなくても良いでしょう。

むしろ、面談で自分で決めた内容でできていることを
部下にフィードバックしてあげましょう。

上司の方は、部下をよく見ておく必要がありますが・・・。




~こちらの過去の記事も、続けてご参考ください~
・介護職員との面談に必要な力とは
・介護職員との面談では、できないことではなく・・・
・介護職員での面談では・・・



 ※メールマガジン「労務と人材育成のヒント」を毎週火曜日の朝に発行しています。
  パソコンのメールアドレスで、登録をお願いします。
  https://www.directform.info/form/f.do?id=1834



 □福祉の職場をサポートしています


   ゆい社会保険労務士事務所 山本勝之
 ──────────────────────────
  〒650-0012 神戸市中央区北長狭通5丁目2-19 コフィオ神戸元町411
  http://www.yamasr.jp


 

この記事を書いたプロ

山本勝之

山本勝之(やまもとかつゆき)

山本勝之プロのその他のコンテンツ

Share

山本勝之プロのその他のコンテンツ