まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ神戸
山本勝之

介護事業に効果的な労務アドバイスを送るプロ

山本勝之(やまもとかつゆき)

ゆい社会保険労務士事務所

コラム

介護職員の給与を改善する、処遇改善交付金の来年度の行方

処遇改善加算・処遇改善手当

2011年11月21日 / 2017年5月29日更新




朝晩が、冷え込んで来ました。
体調を崩されておられる方も、おられるようです。

写真は、先週訪れた京都市内の紅葉です。



さて、介護職員の賃金が低く、離職率が高く、介護の現場で人材不足が慢性的におきています。

その対策として、「処遇改善交付金」という助成金が今年度までありますが、
来年度以降の検討が、現在されています。


案としては、今までとほぼ同じような形のようですが、ポイントとして、

 1.助成金ではあるものの、「加算」という形に変わる

  加算とは、ある一定の条件を満たしている場合に、介護報酬の普段の利用料に
  付け加えて計算されるものです。


 2.介護職員の賃金の水準は、前年度の水準より毎年度上げること

  この話をデイサービスの経営者の方にさせていただいたところ、
  毎年給与を上げる「昇給」みたいな形になるのであれば、
  デイサービスに入ってくる介護報酬(収入)の基準も上げてもらわないと...
  と話されていました。


 3.中途採用する介護職員には、前職までの経験を給与に加味すること

  給与の規程に位置づけておくことが必要なようです。


まだ検討段階ですので、内容が変わるかもしれません。

決まりましたら、またお伝えしたいと思います。


※詳しくは、厚生労働省のホームページ(PDF 234KB)
 http://www.mhlw.go.jp/stf/shingi/2r9852000001ryva-att/2r9852000001rza5.pdf



安心して働き続けることができる取り組みに、期待したいと思います。


~こちらの記事も、続けてご参考ください~
・介護施設・事業所は、処遇改善加算の届出を忘れずに
・介護の事業所は、処遇改善加算の精算に注意を


~介護・福祉の職場をサポートしています~
メールマガジン「労務と人材育成のヒント」を毎週火曜日の朝にお届けしています。
別の内容をお届けしていますので、登録をいただき、こちらもご参考ください。
https://www.directform.info/form/f.do?id=1834


※この記事は、2017年5月29日に内容を一部修正しました

この記事を書いたプロ

山本勝之

山本勝之(やまもとかつゆき)

山本勝之プロのその他のコンテンツ

Share

山本勝之プロのその他のコンテンツ