マイベストプロ神戸
能島孝志

お墓のプロ

能島孝志(のじまたかし)

株式会社第一石材

お電話での
お問い合わせ
0120-75-6148

コラム

立場が変わっても、やはりお墓は必要ありませんか?

2018年6月30日 公開 / 2018年7月3日更新

テーマ:供養

「私が死んだら葬式もいらない」


「お戒名もいらない」


「お骨は海に撒いてくれ!」


近年、このような言葉をときどき耳にするようになりました。


このように言われる親御さんたちからすれば、
息子さんや娘さんのことを考えての言葉なのでしょう。


もしも…?

でもですよ!…


世の中には、病気や事故、また、戦争や災害で、
息子さんや娘さんを亡くされている方もいらっしゃいます。


もしもですよ?!…


葬式も!お戒名も!お仏壇も!お墓も!いらない。
…と言われていた方々の息子さんや娘さんが、
自分たちより先に亡くなったとしたらどうですか?


葬儀も挙げませんか?


家でお仏壇に手を合わすこともしませんか?


お墓も建てず、お骨は海に撒きますか?


きっと、今の考えと違い、きちんと供養されるかも分かりません。


子どもを亡くしたから悲しい。親だから亡くなっても悲しくない。
そんなことはありません。命の尊さは老若男女を問わず、みんな同じです。


自分の大切な家族が亡くなって悲しまない人はいないでしょう。


日本政府の戦後慰霊事業

日本政府は戦後慰霊事業として、海外で戦死し放置されたままになっている、
遺体や遺骨を収集活動をしていますが、まだ完了していません。


戦後70年以上を経過した今なお、帰国できない遺骨があるのです。


また、北方四島にも日本人の墓地があり、いまだに墓参りができない人もいます。


近年では、2011年に発生した東日本大震災の津波の影響で、
依然として見つかっていないご遺体もあります。

そう考えると、お墓があること、お墓参りができることは、
悲しい中でも、極めて幸せなことだと言えるのではないでしょうか。


お骨を海に撒いたら、二度と帰ってこないのですよ。


公営の合葬墓は、何千人、何万人という見ず知らずの人と、
一ところに一緒にお骨を納められてしまうのですよ。


ご先祖様とゆっくり語り合える場所こそがお墓なのですよ。



■“納骨室に水が入らないお墓”「信頼棺®」について詳しくはコチラ!
└ http://www.daiichisekizai.com/shinraikan/

■“納骨室に水が入らないお墓”「「信頼棺®」の全国取扱い石材店はコチラ!
└ http://www.daiichisekizai.com/shinraikan_shop/


お墓にすべきか?樹木葬にすべきか?合葬墓にすべきか?をお悩みの方、
また、お墓を建てるにあたり、どんな石を選べばいいのか?
どんな構造にすればいいのか?値段はいくらくらいするのか?

一般消費者にとって極めて分かりにくいあらゆるお墓の疑問を、
(一社)日本石材産業協会認定、「お墓ディレクター1級」資格者、
㈱第一石材・代表、能島孝志がズバリ解決いたします。(相談無料)


お墓の悩みをズバリ解決!

私ども、第一石材では、しつこい売り込みや、自宅への訪問営業、
電話での後追いなどは一切いたしておりませんのでご安心ください。

お墓・墓石の無料相談について詳しくはコチラまで!


第一石材がお墓の悩みをすべて解決!

この記事を書いたプロ

能島孝志

お墓のプロ

能島孝志(株式会社第一石材)

Share
関連するコラム

能島孝志プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
0120-75-6148

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

能島孝志

株式会社第一石材

担当能島孝志(のじまたかし)

地図・アクセス

能島孝志のソーシャルメディア

twitter
Twitter
2019-02-17
google-plus
Google+
facebook
Facebook