まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ神戸
能島孝志

お墓のプロ

能島孝志(のじまたかし)

株式会社第一石材

お電話での
お問い合わせ
0120-75-6148

コラム

関西初! 納骨室に水が入らないお墓 (7)リフォームにも対応

防水構造を備えたお墓・墓石

2016年9月5日 / 2016年9月18日更新

以下のコラムからの続きです。
最初からご覧になってください。

(1)実は墓石の中は水浸し!?
(2)「こんなもの?」それで良いのか?
(3)富山の宮崎様とのご縁
(4)従来の墓石より格段に優れた強度
(5)お墓も「水入らず」?
(6)特許/商標登録出願墓石


お墓もゲリラ豪雨を想定した構造が必要

「お墓はどこの石材店で建てても同じ!違うのは値段だけ」
という切り出しで、今回のシリーズコラムを書き始めましたが、
ここまでの説明で「お墓は全て同じではない!」ということを、
一般消費者の方に少しでもご理解を頂けたのならば幸いです。

これは、お墓を販売する石材店として感じることですが、
お墓という商品は、他社様との差別化が非常に難しいのです。

お墓に関する専門的な知識があれば簡単に分かるのですが、
そんなお客様は、世の中にそうそう居るもんではありません。


ほとんどの人は、お墓のことなんて何も知りません。


それだけに、お客様にご理解を頂くことが難しいのです。
だから「違うのは値段だけ!」と思われても仕方ありません。

けれども、今回、特許、並びに商標登録出願に至りました、
当社独自構造の“防水構造を備えたお墓「信頼棺™」は、
防水性という特質のみにとどまらず、強度、耐久性、耐震性など、
あらゆる部分の仕様がこれまでの墓石とは大きく異なるため、
一般消費者の方にも、その違いを理解して頂けると共に、
お墓に対する不安を全て払拭できる仕様も持ち合わせています。


「お墓に少し水が入るだけ!」程度に思っている方も入るでしょう。


しかし、近年、日本列島に降る雨は半端な量ではありません。
かつて日本には「ゲリラ豪雨」なんて言葉はありませんでした。




今日では、床上浸水どころか天井付近まで水が来るほどの雨量です。


そんな雨の日、お墓の中はどうなっているのでしょう?
皆さま、想像してみたことがありますか?




従来の目地止め等の防水処理だけで完璧だと思いますか?


「信頼棺™」は既に建っているお墓にも対応

機会があれば、自分の家のお墓の中を覗いてみてください。
それも、雨上りの後のカロート(納骨室)内を見てください。


墓石のカロート内に溜まった水

もしかすると、ひどいことになっているかも知れません。


お家も、20年、30年に一度はリフォームをしますよね。


ご先祖様は住み心地が良かろうが悪かろうが文句を言いませんが、
快適な場所にしてあげるに越したことはないと思います。

「雑草が生えないように」とかの見える部分だけではなく、
ご先祖様の寝室でもあるカロートのことも考えてみてください。


「信頼棺™」は、既に建っているお墓にも対応可能です。


ただ、墓地の面積や形状、墓石の形や状態によっては、
「信頼棺™」によるリフォームが出来ない場合もあります。


ご先祖様が眠るお墓の住み心地も考えてみては如何ですか。


             ~つづく~


◼防水構造を備えたお墓「信頼棺™」についてのお問い合わせはコチラまで
 http://www.daiichisekizai.com/

%%画像61255

この記事を書いたプロ

能島孝志

能島孝志(のじまたかし)

能島孝志プロのその他のコンテンツ

Share

能島孝志のソーシャルメディア

twitter
Twitter
2018-11-08
google-plus
Google+
facebook
Facebook