マイベストプロ東京
鈴木康介

アイデアやブランドなど知的財産を守り、中国に強い弁理士

鈴木康介(すずきこうすけ) / 弁理士

プロシード国際特許商標事務所

コラム

英国のEU離脱による商標への影響

2020年8月1日

テーマ:海外商標

コラムカテゴリ:法律関連

プロシード国際特許商標事務所の鈴木康介です。

ブレグジッドが商標実務にどのような影響を与えるかです。。

移行期間中(2020年2月1日から2020年12月31日)

 移行期間中は、EUTM(欧州連合商標)や、マドリッドプロトコルのEU指定した国際登録の効果は、英国に及びます。

移行期間の終了後(2020年12月31日)

 EUTM(欧州連合商標)によって保護されていた商標権は、英国では保護の対象外となりますが、UKIPO(イギリス知的財産局)は権利者に対して同等のイギリス商標権を付与します。(離脱協定第54条)。

 移行期間の終了前から保護されている商標の国際登録は、移行期間終了後も引き続き英国において保護されます(離脱協定第56条)。

 具体的には、UKIPOは、EUを指定して保護された国際商標の登録について、英国における同等の商標権を付与します。

 新しい英国の権利は、英国法の下で出願及び登録されたものとして扱われ、元の国際商標登録とは別に、申立、譲渡、ライセンス又は更新の対象になり得ます。

 また、移行期間終了後に、EUTMやマドリッドプロトコルでEUを指定した国際登録出願が継続している場合、出願人は、2021年1月1日から9ヶ月以内に英国商標出願をすると、先の出願日が維持できます(離脱協定第59条)。

 この場合、通常の英国商標出願の料金が適用されます。

 ファッション業界などですと、ロンドンコレクションなどがあるため、イギリスの商標権が必要になるかもしれませんね。

 また、イギリスは、世界5位のGDPを持ち、人口も約6500万名で、EUから離脱したとしても無視しにくいマーケットです。

 このため、今後は、米国、中国、EU、イギリスといった出願パターンも増えるかもしれませんね。

参考:英国のEU離脱による特許・商標・意匠等への影響(特許庁)

ご相談・お問い合わせ・取材はお気軽に
↓↓↓
03-5979-2168(平日9:00~17:00)
メール info@japanipsystem.com

中国商標
Facebookで中国知財情報をまとめています。
http://www.facebook.com/Chinatrademark

Twitterは、こちらです。
↓↓↓
http://twitter.com/japanipsystem

マイベストプロ東京 中国商標・中国知財に強い弁理士
プロシード国際特許商標事務所の取材記事はこちら!
http://mbp-tokyo.com/suzuki/

お読み頂きありがとうございました。
弁理士 鈴木康介(特定侵害訴訟代理権付記)
Web:http://japanipsystem.com/

この記事を書いたプロ

鈴木康介

アイデアやブランドなど知的財産を守り、中国に強い弁理士

鈴木康介(プロシード国際特許商標事務所)

Share

関連するコラム

鈴木康介プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
03-5979-2168

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

鈴木康介

プロシード国際特許商標事務所

担当鈴木康介(すずきこうすけ)

地図・アクセス

鈴木康介のソーシャルメディア

rss
ブログ
2012-07-13
twitter
Twitter
2020-08-03

鈴木康介プロのコンテンツ