マイベストプロ東京
鈴木康介

アイデアやブランドなど知的財産を守り、中国に強い弁理士

鈴木康介(すずきこうすけ) / 弁理士

プロシード国際特許商標事務所

コラム

雷おこしと商標

2020年3月16日

テーマ:商標法

コラムカテゴリ:法律関連

プロシード国際特許商標事務所の鈴木康介です。

「雷おこし」をご存知でしょうか?

「雷おこし」は江戸時代末期に、浅草雷門付近で製造販売が開始されたと言われるお菓子です。

その雷おこしですが、昭和11年に商標出願され、登録されました。

他の会社が「雷おこし」を自由に使えるか否かが問題になりました。

判決では、江戸時代の文献など「雷おこし」の歴史を紐解き、普通名称として、自由に使用できるものと一般的に認識されているとしました。

一般名称が商標登録されていないために、出願する人もいますが、商標法上では普通名称は登録できないですし、仮に登録できたしても効力が及びません(3条1項1号、26条1項2号)。

参考:最高裁昭和50年4月8日判決

ご相談・お問い合わせ・取材はお気軽に
↓↓↓
03-5979-2168(平日9:00~17:00)
メール info@japanipsystem.com

中国商標
Facebookで中国知財情報をまとめています。
http://www.facebook.com/Chinatrademark

Twitterは、こちらです。
↓↓↓
http://twitter.com/japanipsystem

マイベストプロ東京 中国商標・中国知財に強い弁理士
プロシード国際特許商標事務所の取材記事はこちら!
http://mbp-tokyo.com/suzuki/

お読み頂きありがとうございました。
弁理士 鈴木康介(特定侵害訴訟代理権付記)
Web:http://japanipsystem.com/

この記事を書いたプロ

鈴木康介

アイデアやブランドなど知的財産を守り、中国に強い弁理士

鈴木康介(プロシード国際特許商標事務所)

Share

関連するコラム

鈴木康介プロのコンテンツ