まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ東京
鈴木康介

アイデアやブランドなど知的財産を守り、中国に強い弁理士

鈴木康介(すずきこうすけ)

プロシード国際特許商標事務所

コラム

TPP

2013年3月8日 / 2014年7月31日更新

プロシード国際特許商標事務所の鈴木康介です。

日本がTPPに参加するような気配が出ていました。

自分は、知財の部分をメインにウォッチしているので、ひょっとしたら誤解をしている点があるかもしれませんが、条件次第によってはTPPに参加する価値があると思っています。

例えば、知的財産権の対価の回収に対する外国政府による制限の禁止は、良い条件だと思います。

現在、ライセンスフィーの形で国内に利益を還元しようとしても、一定の割合までしかライセンス料率が認められない国があります。

このため、仮に日本でパテントボックス税制が認められても、利益を国内に戻す際に障害になる可能性があります。

一方、著作権の延長や、非親告罪化の規定については反対です。

多大な開発費をかけ、特許庁の審査を経た特許権ですら、20年(一部25年)に対して、現状でも著作権の存続期間は長いと思います。

また、自分が死んでからの保護期間がさらに延長されるからと言って、創作者のインセンティブにつながるのでしょうか?

非親告罪に関しては、アメリカのフェアユースの規定が入らないと、企業実務が廻らなくなるような気がします。

東京新聞の報道によれば、TPPに後から入る国には条件闘争ができないとされているようです。

この記事のように、条件闘争ができないならば、TPP参加は反対です。

しかし、日本市場は現TPP交渉参加国にとっても魅力的なはずです。

TPP交渉に参加する場合、我が国にとって有利な条件で条約が結べるように、交渉権を手放さずにしてほしいと願っています。

参考:TPPについてのリンク

内閣官房

経済産業省

外務省

農林水産省

経団連

日本医師会

考えてみようTPP

TPP交渉への早期参加を求める国民会議

TPPの知的財産権と協議の透明化を考えるフォーラム

ご相談・お問い合わせ・取材はお気軽に
↓↓↓
03-5979-2168(平日9:00~17:00)
メール info@japanipsystem.com
http://www.japanipsystem.com/ask/index.html


Facebookで中国知財情報をまとめています。
中国商標情報局
http://www.facebook.com/Chinatrademark

この記事を書いたプロ

鈴木康介

鈴木康介(すずきこうすけ)

鈴木康介プロのその他のコンテンツ

Share

鈴木康介プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
03-5979-2168

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

鈴木康介

プロシード国際特許商標事務所

担当鈴木康介(すずきこうすけ)

地図・アクセス

鈴木康介のソーシャルメディア

rss
rss
2012-07-13
twitter
twitter
2018-08-18
google-plus
google-plus

鈴木康介プロのその他のコンテンツ