まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ埼玉
飯塚和美

心についた癖や行動を取り除き生きやすくするカウンセラー

飯塚和美(いいづかかずみ)

カウンセリングルーム『大空』

コラム

アルコールが引き起こすDVと共依存

健康な日常を送るために

2015年10月13日 / 2016年7月1日更新

人の依存関係は、幼い頃自分を保護し、深い愛情で何でもしてくれた母親への依存から、大人になり独立した人格どうしが支え合う健全な依存へと移行していきます。
でも、時には成人していても、母親に対しての一方的な依存心がそのまま残ってしまう事があります。

たとえば、断乳した子供が、母親のおっぱいの代わりとして指しゃぶりをするように、大人の場合は、アルコールやたばこなどに依存したり、母親に依存するように人に依存してしまいます。

依存は、酒やたばこ、薬物などの物質はもちろんですが、買い物やギャンブル、万引き、仕事中毒などの行為依存(プロセス依存)や家族間などの人間関係にお互いに依存してしまう共依存も多くみられます。

共依存とは、親子、夫婦間、恋人などの人間関係に依存して、他人を自分の存在証明(他者に必要とされることで、自分の存在意義を見出す)的に依存してしまうことです。

アルコール依存は家庭内暴力(DV)をしてしまうことも多く、相手を自分の思い通りにしたいという気持ちの一方、相手に面倒を見てもらいたいという依存する気持ちも強くあります。

その場合、DV被害者も「この人には私がいなければダメ」と思い込んでいることも多く、ひどい暴力に耐え、その結果相手の暴力を助長してしまう共依存になる場合が多いのです。

依存症で大切なことは、自分が病気であることの自覚です。
このような関係の場合には、夫婦共に治療しなければ状況を変えることは難しく、なかなか改善されません。



コラムに関するご意見やご感想をお聞かせください!
kiaozora@yahoo.co.jp


〈 カウンセリングルーム大空 〉
     川口駅西口3分
営業時間 平日10時~17時 
 休日、時間外カウンセリング可(予約していただければ休日含め20時までカウンセリングいたします)
携帯 090(8316)6127
電話 048(291)9853
http://kiaozora.com/

【心理教室】 人間関係の改善法や受け取り方を変えて生きやすい自分になる講座
毎月第3金曜日 午後1時~2時半 
参加費¥3000

この記事を書いたプロ

飯塚和美

飯塚和美(いいづかかずみ)

飯塚和美プロのその他のコンテンツ

Share

飯塚和美プロのその他のコンテンツ