マイベストプロ大阪
舘慶仁

低コストで納得のいくリフォームをする専門家

舘慶仁(たちよしひと) / 大工

リフォームワーク

コラム

省エネ住宅にするポイントは?

2014年11月8日 公開 / 2016年2月6日更新

テーマ:リフォームコラム

コラムカテゴリ:住宅・建物

コラムキーワード: 太陽光発電 おすすめ

近年、住宅の省エネルギー化が進んでいます。新築の家はもとより、リフォームで省エネ化を図る傾向にあります。
エネルギー消費を減らすポイントは3つです。

1つ目は、自然採光や通風が得られるようにすることです。既存の間取りを見直して、窓の位置や大きさを工夫し、照明や冷暖房に頼らなくても快適に過ごせるように工夫することが、省エネ化の基本です。

2つ目は家の断熱です。建物の断熱性能を上げないことには、いくら省エネ性能の高い家電を使ってもエネルギー消費を減らすことはできません。少ないエネルギーで効率よく冷暖房できる室内空間にすることです。
具体的には壁や床、天井裏に断熱材を充填し、サッシやドアを熱の伝わりにくい複層ガラスや断熱サッシ、断熱ドアに交換します。既存サッシに内窓をつけることも有効です。こうすることで、冷暖房にかかるランニングコストが減らせます。断熱材は部分的に施工するだけではさほど効果は期待できないので、建物を断熱材ですっぽり包み込むことが基本です。部分リフォームの場合は部屋単位で断熱をおこなうことも必要です。
予算に余裕があれば、基礎をベタ基礎で補強すると良いでしょう。ベタ基礎とは建物の床下全体を板状の鉄筋コンクリートにした基礎の事。ベタ基礎にすることで、耐久性や耐震性が向上するだけでなく、防湿効果や蓄熱効果も得られて床下環境が向上します。

3つ目のポイントは自然エネルギー利用など、高熱のおい発電機や給湯機器を導入することです。
太陽光発電やエネファーム、エコウィルなどがこれに当たります。
いずれにしても上記2つのポイントをからめた上での導入がさらに効率のよう省エネ化を実現します。



古家を全面まるごとリフォーム①  尼崎市事例
中古住宅購入後のリフォームについて
中古住宅をリフォーム① 大阪市淀川区事例
全面まるごとリフォームの考え方とは?

お問い合わせ 電話:0120-41-5858  Eメール:info@r-work.jp 舘まで
リフォームワークのHP

長屋のリフォームをお考えならリフォームワークへ!
リフォームワーク社長 舘慶仁のすべてがわかるブログ

お問い合わせ 電話:0120-41-5858  
あの古家がこの予算で変わる リフォームワークのHP

この記事を書いたプロ

舘慶仁

低コストで納得のいくリフォームをする専門家

舘慶仁(リフォームワーク)

Share

関連するコラム