まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ大阪
舘慶仁

低コストで納得のいくリフォームをするプロ

舘慶仁(たちよしひと)

リフォームワーク

お電話での
お問い合わせ
06-6195-4552

コラム

窓の断熱化の方法

リフォームコラム

2014年11月1日 / 2016年2月6日更新

リフォームに際して床や壁に断熱材を施しますが、窓の断熱に関してあまり着目しない場合が多いようです。
しかし昨今のエコ意識による住宅の断熱化には窓の断熱化は避けては通れません。
しかし断熱サッシへの交換はあまり容易ではありません。
入れ替えの際に周囲の壁を壊してサッシを取り付け防水処理を施したのち、内外の壁の補修とコストがかさみます。
リフォームの際には既存のサッシを生かして断熱化するのが得策です。

窓の断熱化の方法は3つあります。
一つ目は内窓(インナーサッシ)の設置。
断熱性や遮音性が高く、工期も半日と比較的簡単に取り付けられますが、窓が二重になるので開閉がやや面倒なのが難点です。



二つ目はガラスだけを交換する方法。
既存のシングルガラスを断熱性の高いペアガラスに入れ替えるのです。ただしサッシの形状によってガラスが収まらないことや、ガラスの重みで戸車が壊れる場合があるので注意が必要です。



三つ目はカバー工法によるサッシの交換です。
既存のサッシを撤去し、壊した外壁部分にカバーを取り付け防水します。これなら窓のサイズを替えずに新しいサッシに交換が可能ですが、設置個所に制限があるのと、外観のイメージが変わるので確認が必要です。

このように窓の断熱化は今やリフォームをする際には必須です。
上記の方法の中から適切な方法で窓をの断熱を行いましょう。

和室の内窓リフォーム 尼崎市事例
畳のリフォーム
呼吸する内装材 「エコカラット」の効能
設備や建材におけるコストダウンの考え方

お問い合わせ 電話:0120-41-5858  Eメール:info@r-work.jp 舘まで
リフォームワークのHP

長屋のリフォームをお考えならリフォームワークへ!
リフォームワーク社長 舘慶仁のすべてがわかるブログ

お問い合わせ 電話:0120-41-5858  
あの古家がこの予算で変わる リフォームワークのHP

この記事を書いたプロ

舘慶仁

舘慶仁(たちよしひと)

舘慶仁プロのその他のコンテンツ

Share