まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ大阪
舘慶仁

低コストで納得のいくリフォームをするプロ

舘慶仁(たちよしひと)

リフォームワーク

お電話での
お問い合わせ
06-6195-4552

コラム

和室の掃出しサッシに内窓を取り付けるリフォーム 尼崎市事例

室内リフォーム

2014年6月13日 / 2015年6月5日更新

後付け内窓のメリットはいくつかあります。
まずはスピード施工。大がかりなサッシの入れ替え工事が不要です。
そして断熱効果とそれによる結露の軽減も大きなメリットの一つです。
そして最後が防音効果です。

今回の事例は尼崎市の阪急沿線の線路わきのマンション。
電車の通過による騒音はすごいものです。
室内の会話が聞き取れません。これは居住するうえで大きなストレスになります。

そこで内窓工事、LIXIL インプラスを取り付けます。
施工は簡単、スピード施工です。
しかし和室の掃出しサッシについては少し弊害があります。


内窓は既存の窓枠に取り付けるので畳にかぶってきます。


まずは畳を上げて内窓を取り付けます。


インプラスの窓枠がふいてくるので畳が入りません。
窓枠の下の畳をくぐらせてもいいのですが、そうすると畳を上げることができません。


畳を加工して納めます。
今回は畳1畳だけ加工しました。


これで阪急電車の騒音もほとんど気にならなくなりました。

内窓はこの防音効果に加え、結露防止や断熱効果による冷暖房費のコストダウンを促すのでとてもエコ。
これからのリフォームには欠かすことができないアイテムなのです。

内窓についてはブログでも少し書いたのでご覧ください
     ↓
内窓についてのブログはこちら

他の室内リフォームのコラムはこちら

お問い合わせ 電話:0120-41-5858  Eメール:info@r-work.jp 舘まで
リフォームワークのHP

長屋のリフォームをお考えならリフォームワークへ!
リフォームワーク社長 舘慶仁のすべてがわかるブログ

お問い合わせ 電話:0120-41-5858  
あの古家がこの予算で変わる リフォームワークのHP

この記事を書いたプロ

舘慶仁

舘慶仁(たちよしひと)

舘慶仁プロのその他のコンテンツ

Share