マイベストプロ岡山
宮本裕文

不動産コンサルティングのプロ

宮本裕文(みやもとひろふみ)

有限会社富商不動産販売

お電話での
お問い合わせ
086-253-1217

コラム

☆建物の老朽化と契約の解除☆

2019年4月17日 公開 / 2019年8月2日更新

テーマ:賃貸借契約

老朽化による立退き要求


●老朽化と立退き要求

(事例) 
貸主から、「建物が築後35年を経過し、老朽化により安全が保てない。建て替えをするので1年後までに立ち退いて欲しい」

このケースの場合、築後35年を経過した建物の老朽化が「正当事由」に当たるか否かが問題となります。建物の老朽化は正当事由の判断の一つであることは確かですが、判断要素の一つに過ぎず、「老朽化」が「正当な事由」になるとまでは考えられていません。

●このように、老朽化を正当な事由として、立退きの要求をすることは、通常認められていません。

仮に、耐震診断等により建物の安全性に問題があり、耐震補強工事等が必要な場合においても、その工事が建替えと同等の費用が必要になる等の特別の事情がない限り、貸主は安全性を理由に契約の解除をすることはできない可能性が高いと思います。

逆に、建物の安全性に問題があることが判明したときは、貸主には補強工事を行う義務が生じます。(貸主の修繕義務)

やはり、立退きの要求は、裁判等の法的解決は得策ではなく、借主に事情を丁寧に説明をして、真摯に話し合いをすることが最善の方法かと思います。

●また、借主も貸主の事情も良く聞いて話し合いに応じたうえで、判断することが大事なことだと思います。



○営業時間
平日9:00~17:00 土曜日9:00~13:00
○定休日
日曜・祝日
○随時、不動産相談の受付をしています。
○電話相談も受付しています。
不動産買取ります。

この記事を書いたプロ

宮本裕文

不動産コンサルティングのプロ

宮本裕文(有限会社富商不動産販売)

Share
関連するコラム

宮本裕文プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
086-253-1217

 

不動産の個別相談、電話相談、メール相談 料金は安心の一律¥3000円です。お気軽にお問い合わせください。

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

宮本裕文

有限会社富商不動産販売

担当宮本裕文(みやもとひろふみ)

地図・アクセス