まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ岡山
宮本裕文

不動産コンサルタントのプロ

宮本裕文(みやもとひろふみ)

有限会社富商不動産販売

お電話での
お問い合わせ
086-253-1217

コラム

契約書 署名捺印と記名押印

契約の意味と意義とは。

2017年10月14日 / 2018年10月11日更新

署名捺印・記名押印。


●署名捺印・記名押印 その違い

通常の場合、売買契約書は売主・買主各自が1通ずつ所持保管するので合計2通を作成します。
そして、契約成立の証として、売買契約書に売主・買主がそれぞれ署名捺印もしくは、記名押印を行ないます。

記名とはゴム印やあらかじめ印刷している文字によるもので、署名とは自署によるものとなります。
日本は印鑑社会といえますが、契約当事者本人の意思確認を行うためにも、自署による署名が望ましいと思います。
契約当事者が法人である場合には、法人名及び代表者名を記名し押印します。

●捺印と押印は同じことですが、. 「署名」に対しては「捺印」、「記名」には「押印」を使うという説と、日常的には「捺印」とし法律上は「押印」と使うという説があります。

署名捺印、記名押印の際には、氏名は戸籍名、住所は住民票(法人は登記簿の表記)の記載内容と同一になるようにします。

また、この売買契約書に、立会人として宅地建物取引業者も記名押印をして、37条の書面とします。

ちなみに、契約書には契約当事者がそれぞれ印紙税法で定められた収入印紙を貼付します。そして貼付した収入印紙には消印(割印)やボールペンなどで線を引いたりします。

●なぜか?収入印紙は消印等を行わないと納税したとみなされないからです。



○営業時間 平日9:00~17:00 土曜日9:00~1300  日曜・祝日は定休日です。
○随時、不動産相談の受付をしています。(定休日も可)
○売買・賃貸借のご依頼もお受けしています。
不動産買取ります。

この記事を書いたプロ

宮本裕文

宮本裕文(みやもとひろふみ)

宮本裕文プロのその他のコンテンツ

Share

宮本裕文プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
086-253-1217

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

宮本裕文

有限会社富商不動産販売

担当宮本裕文(みやもとひろふみ)

地図・アクセス