まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ岡山
宮本裕文

不動産コンサルタントのプロ

宮本裕文(みやもとひろふみ)

有限会社富商不動産販売

お電話での
お問い合わせ
086-253-1217

コラム

主人と離婚!賃貸マンションを出て行きました。私はそのまま住めますか?契約者は主人です。

不動産のトラブルいろいろ。

2015年10月25日 / 2018年10月11日更新

離婚して出て行った主人。私は継続して住めるのか?新たに敷金を入れないといけないのか?


主人と離婚が成立し、賃貸マンションを出て行きました。
私(妻)は継続して住めますか?
契約をやり直さないといけませんか?
敷金や礼金はまた支払うのですか?
賃貸借契約の契約者は主人でした。

このケースの場合、実務的には家主の判断により大きく異なります。

① 「いいですよ。」で終わる。
② 契約書の名義変更だけで終わる。
③ 新たに賃貸借契約を締結する。

一般的には敷金そのままでの①か②が多いと思います。しかし、本来の敷金の取扱いから
すれば認められているとは言えません。  貸主と借主の変更と敷金の取扱い  

私の経験では、このケースでよくあるトラブルは2つです。

① 敷金の返還先のトラブル。
② 原状回復費用の負担トラブル

①のケース 
継続して借りるつもりだった妻の事情が変わり、契約を解除したところ敷金の返還があった。
元の主人から「敷金は私が預け入れたので、私に返還してほしい」等の返還先のトラブル。

②のケース
妻が賃貸借契約を解除したところ、家主から原状回復費用を請求された。「元の主人にも
責任が(同居時)ある」等の主張にて費用負担の割合でのトラブル。

通常ではありえない主張をする人も存在します。

よって、基本的には

① 元の主人からの申出による契約の解除。
② 敷金の精算及び原状回復費用の精算方法等の取決め。
③ 妻名義での新たな賃貸借契約の締結。

が、新生活にはふさわしいかと思います。

*媒介業者や管理業者が介入する場合は、ほぼ新たな契約となりそうです。
*家賃さえ支払っていれば通常判明しませんが、①や②のトラブルも無いとは
  言えません。また、入居者としての立場もとても不安定となります。


○随時、不動産相談の受付をしています。 086(253)1217   メールでの受付
○不動産のセカンドオピニオン 岡山市の不動産コンサルタント 宮本裕文
料金表
セミナー

この記事を書いたプロ

宮本裕文

宮本裕文(みやもとひろふみ)

宮本裕文プロのその他のコンテンツ

Share

宮本裕文プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
086-253-1217

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

宮本裕文

有限会社富商不動産販売

担当宮本裕文(みやもとひろふみ)

地図・アクセス