まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ岡山
宮本裕文

不動産コンサルタントのプロ

宮本裕文(みやもとひろふみ)

有限会社富商不動産販売

お電話での
お問い合わせ
086-253-1217

コラム

定期建物賃貸借契約・・・貸主側の利点。

賃貸借契約の注意点。

2015年10月3日 / 2018年9月13日更新

貸主に有利な契約。

定期建物賃貸借契約の特徴。

家を購入(建築)したが、転勤が決まり・・・仕方なく定期建物賃貸借契で
貸し出すなどのケース。

*契約期間満了後は、期間の延長や契約の更新はありません。

* 契約の締結は「更新が無く、期間満了により終了する」旨の書面を契約書
  とは別に借主に交付しなければいけません。

*特約により、期間内の賃料減額請求権を排除することが可能です。

*期間満了後、継続して賃借建物を使用するには、新たに契約(再契約)
 する必要があります。再契約は新たな契約なので契約内容は、前の 契約
 に拘束されず、当事者間で自由に定めることができます。

 このように、定期建物賃貸借契約は期間内のみ賃貸し賃料を得て、期間
 満了後は確実に契約の解除ができる契約となります。
 また、賃料の減額請求権を排除できるのも貸主には有利な条件です。

 定期建物賃貸借契約は貸主保護が優先されますので、借主には注意が
 必要です。


○随時、不動産相談の受付をしています。 086(253)1217
○不動産のセカンドオピニオン 岡山市の売買・賃貸コンサルタント 
○料金表 http://mbp-okayama.com/tomisyo/service1/

この記事を書いたプロ

宮本裕文

宮本裕文(みやもとひろふみ)

宮本裕文プロのその他のコンテンツ

Share