まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ京都
笠中晴司

交通事故のトラブルを解決に導く法律のプロ

笠中晴司(かさなかせいじ)

丹波橋法律事務所

コラム

破産管財人のお仕事

個人ネタ

2016年11月10日 / 2017年3月3日更新

「破産管財人」ってご存知ですか。

「破産」についてはなんとなくわかってられる方も多いかと思いますが,「破産事件」において,裁判所から任命されて,破産事件を処理するのが,「破産管財人」です。
一方,破産を希望する方から依頼されて,破産申立の代理人を弁護士が務めることもあります。
破産管財人と申立代理人は両方とも弁護士がなりますが,破産管財人は,どちらかというと債権者の立場から事件を処理し,破産申立代理人は,破産者の立場から事件を処理します。

破産管財人の仕事を具体的にいうと,破産者が破産申立にあたり裁判所に提出した書面(ほとんどの場合,申立代理人の弁護士が作成)や,その他破産者が有する帳簿等をチェックしたうえで,破産者から事情を聴取する等して,破産者の財産や破産に至る経過等を調査します。

また,破産者に換価(お金に換える)できる財産があれば換価をして,現金を確保します。

そして,債権者に配当できるだけの財産(「破産財団」と言います)が確保できれば,「債権調査」という手続きで,各債権者の債権額を確定します。

そのうえで,各債権者の債権額に応じて(比例配分という意味です),破産財団から配当という形で弁済します。

しかし,破産申立てに至るということは,かなり困難な状況になっているからですので,破産管財人が努力して換価しても,破産財団から受けられる配当は,良くて数パーセント,下手をすると1パーセント未満のこともあります。

ですので,破産手続きをよく経験されている債権者の方は,破産手続きが開始されても,配当に大きな期待をされることはなく,淡々と手続きが進行していくことが多いです。

この破産管財人の仕事も,私は弁護士になって14年間,毎年,数件の管財人をしてきました。
もちろん,破産申立代理人の仕事も,それ以上に多数行ってきました(数的には,申立代理人の仕事のほうが圧倒的に多い)。

管財人の仕事は,裁判所と打ち合わせをしたうえで進めていきますので,破産手続きについての裁判所の考え方を理解するのに,とても役に立ちます。

その経験が,破産を希望される方の破産申立代理人としての仕事にも,とても役に立っていることは間違いありません。

「何事も経験であり,一方向だけでなく,色々な方向からの立場を経験することが大切」
「色々な立場を経験することで,多面的に物事を知ったり,考えたりすることができる」

というのは,すべての業務に共通すると考えています。

================================
交通事故の話題を中心に多数のコラムを書いています。
過去のコラムは,こちらから見ていただくのが便利ですので,よろしくお願いいたします。
http://mbp-kyoto.com/ko2jiko/column/17895/
================================

この記事を書いたプロ

笠中晴司

笠中晴司(かさなかせいじ)

笠中晴司プロのその他のコンテンツ

Share

笠中晴司プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
075-611-3600

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

笠中晴司

丹波橋法律事務所

担当笠中晴司(かさなかせいじ)

地図・アクセス

笠中晴司プロのその他のコンテンツ