まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ京都
笠中晴司

交通事故のトラブルを解決に導く法律のプロ

笠中晴司(かさなかせいじ)

丹波橋法律事務所

コラム

交通事故体験記7~発生から示談成立まで~

個人ネタ

2014年5月21日 / 2017年3月3日更新

1 事故後1カ月の治療状況

 事故当日(8月7日)の整形外科の受診の翌日,同院を再度受診しました。
 そして,その後は,1週間に1回程度の受診で,1カ月のうちに計6回受診しました。

 整形外科では,症状の確認は毎回されますが,治療としては,首のけん引(器具で負荷をかけて,首を上に引っ張る)程度でした。
 私の感覚では,あまり,症状に目に見えての改善はないような感じでした。

 そこで,相手方保険会社に連絡したうえで,8月13日,接骨院への通院を開始しました。
 そして,その後,週1~2回の通院をして,1カ月のうちに,計9回通院しました。

 接骨院での施術内容は,手技による筋肉のコリのほぐし,患部への電気療法,けん引等です。
 私の感覚では,それらを終えた後は,少し体が楽になったような気がしました。

 なお,これらの費用の請求は,相手方保険会社に直接され,私は,治療費の負担はしていません。


2 整形外科と接骨院の違い

 整形外科の先生に,接骨院での施術を開始したことを申告すると,整形外科の先生は,「接骨院の施術はほとんど意味がありません。軽度のむち打ちの場合,けん引程度は必要ですが,あとは,『ひにちクスリ』です」と言われました。

 接骨医の先生に,整形外科の上記発言を伝えると,「整形外科の先生は,そう言われる方が多いです。整形外科と接骨院は競争相手ですから」と笑っておられました。

 弁護士として,交通事故の被害者の方の相談を受けると,被害者の方は「整形外科の先生は,症状の確認をしても,ほとんど治療はしてくれない。治療時間も短いし,待ち時間も長い。だから,接骨院に行くんだ。」と言われる方が結構おられます。

 弁護士としての私は,「接骨院だけの通院では,損害賠償請求に支障を来たす場合があります。接骨院への通院は続けても結構ですが,整形外科の受診も,最低限,月に1回,できれば,2週に1回程度はするようにしてください。」とお伝えします。

 ただ,自分が当事者になってみると,相談者がそのような気持ちになられるのも,理解できる部分はありました。

================================
交通事故の話題を中心に多数のコラムを書いています。
過去のコラムは,こちらから見ていただくのが便利ですので,よろしくお願いいたします。
http://mbp-kyoto.com/ko2jiko/column/17895/
================================

この記事を書いたプロ

笠中晴司

笠中晴司(かさなかせいじ)

笠中晴司プロのその他のコンテンツ

Share

笠中晴司プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
075-611-3600

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

笠中晴司

丹波橋法律事務所

担当笠中晴司(かさなかせいじ)

地図・アクセス

笠中晴司プロのその他のコンテンツ