まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ神奈川
大橋理宏

多様な石工加工に対応する石工技能士

大橋理宏(おおはしまさひろ)

株式会社大橋石材店

コラム

実家の問題とお墓の問題

大切なこと

2016年8月14日 / 2018年8月20日更新

お盆の時期の週刊誌は実家の問題で大賑わい


昨日の記事でも書いたようにビジネス系週刊誌の今週号は実家や家の問題を大いに取り上げています。

家族が集まるお盆の時期ということもあるのでしょう。

そしてその小見出しには墓の問題もちらほら

家の問題は家族の問題


今この実家をどうするか、のような財産の問題と

年老いた両親をこの先どのようにしていくか、といった家族の問題

その中の人括りにお墓の問題も混ざっています。

たしかにっ絶えてしまう家庭であればいつか片付けるときが来るお墓ですが、

不思議とお墓にはかかわる登場人物は案外多いもので、その人たちのことまで考えるべきではないというかもしれませんが、ご家族に迷惑をいかけずに故人をしのべる場所ともなるのです。

また、先祖代々であれば血のつながりのある方が突然訪れる場所でもあります。

できれば切り離せるものなら切り離して考えていただきたいと思います。

家族の規模は縮小するばかり


しかしながら、家族の規模の縮小もありますし、難しい問題となっていると思います。

縮小する家族、この家族に向き合えるお墓のスタイルは無いものかと日々考えています。

今の永代供養の生前予約なども合祀してしまうタイプであれば、確かに同じ場所には入れるけど、同じタイミングで一緒に入れるかは約束されていない場所も多くあります。

簡易のモノを選んだから、簡易で良いというわけでなく、供養をしたいけど家族の事情でそうなってしまったかたの供養に向き合える形がこれからはとても大事に感じます。

ちょっと話はずれましたが「お墓は家であって家でない」かかわった方の交流の場所でもあるとおもうので、できることなら家の問題と切り離せればいいなと思うところです。

大橋理宏関連ホームページ


横浜横須賀の“いいお墓づくり”は大橋石材

良材建墓

生前予約の墓じまいお墓のみとり®

整えライフセミナーこちらから

この記事を書いたプロ

大橋理宏

大橋理宏(おおはしまさひろ)

大橋理宏プロのその他のコンテンツ

Share

大橋理宏プロのその他のコンテンツ