まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ神奈川
大橋理宏

多様な石工加工に対応する石工技能士

大橋理宏(おおはしまさひろ)

株式会社大橋石材店

コラム

お墓をつくろう 正面文字の書体をどうする?

お墓を作ろう

2015年2月28日 / 2018年8月17日更新

お墓の正面文字、よく見かける文字は「楷書体」

その次は「行書体」「隷書体」などです。

決まりはあるのでしょうか?

この書体が良いということは特別ないと思います。

特に家名などを書くのであればよりわかりやすい書体が良いと思っています。

お墓参りに来てくれた人が見つけにくくてはしょうがないからです。

そう考えると、あまりに崩し過ぎた書体でも同じことが言えます。

せっかく考えに考え抜いた文字

なんて書いてあるかわからなければ、その文字を選んだ意味も伝わらないかもしれません。

お墓に来る人と向き合えるといったイメージが良いのかもしれません。

大橋理宏関連ホームページ


横浜横須賀の“いいお墓づくり”は大橋石材

良材建墓

生前予約の墓じまいお墓のみとり®

整えライフセミナーこちらから

この記事を書いたプロ

大橋理宏

大橋理宏(おおはしまさひろ)

大橋理宏プロのその他のコンテンツ

Share

大橋理宏プロのその他のコンテンツ