まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ神奈川
大橋理宏

多様な石工加工に対応する石工技能士

大橋理宏(おおはしまさひろ)

株式会社大橋石材店

コラム

改葬について よく出る「初めてなんだけど」。それでいいのですか?

今、感じていること

2014年3月31日 / 2018年8月17日更新

今あるお墓からご遺骨をだして移動され、新しいもしくは別のお墓に入れることを主に改葬と言います。

改葬される方がよく言われる言葉

それは

「初めてのことなんでよくわからないことばかり」

それはそうです、初めてが普通です。

だからこそ、慎重に物事を理解し進めることが大事です。

たとえば永代供養合葬墓を例にとると、永代供養だから、うちは棚に安置してもらうからとそのイメージだけをインプットし数年後に合葬されることなどあまり見向きもしない方も多いなと感じます。

いざ、合葬の場面で「他人のご遺骨と一緒に混ざるのは嫌だ」とおっしゃる方もいます。

お寺との付き合いが嫌で民間霊園に行かれる方を見てみると

「今あるお墓はそう古くないからこれを持って行って建ててほしい。」

民間霊園は墓石販売を主体として動いていますのでほぼ、持ち込みは不可に近いです。

例え持ち込めたとしても、その区画の一番最低限の墓石工事価格は採られることになります。

詐欺でもなんでもなく、最初からそのように説明していますが、まず墓地が気に入ればあとは自由になると思われている方も少なくありません。

寺院以上に建墓に関しては規定がありますので必ずご確認ください。

初めてだからでは取り返しのつかないことが多いのです。

まずどこに相談するか、やはり改葬の実績豊富な石材店をパートナーとして考え進めていくことも大事かとおもいます。

大橋理宏関連ホームページ


横浜横須賀の“いいお墓づくり”は大橋石材

良材建墓

生前予約の墓じまいお墓のみとり®

整えライフセミナーこちらから

この記事を書いたプロ

大橋理宏

大橋理宏(おおはしまさひろ)

大橋理宏プロのその他のコンテンツ

Share

大橋理宏プロのその他のコンテンツ