マイベストプロ石川
上野峰喜

環境に優しい電解水や食品資源リサイクル機器のプロ

上野峰喜(うえのみねき)

株式会社金沢テックサービス

コラム

凶暴「OSO18」

2022年8月5日

テーマ:時事問題

コラムカテゴリ:くらし

「OSO18」・・この名前だけを聞くと、新しい新型コロナの変異株のように思われるが

実は、北海道・道東の標茶町で恐れられている凶暴なヒグマ。

3年前から同地区での放牧場の牛が襲われ、すでに63頭が犠牲となっている。

このヒグマは正体を現さず、「忍者クマ」とも呼ばれている。



              
写真は設置カメラに映った「OSO18」

牧草地に電気柵を設置しても、地面を掘り起こし侵入し放牧牛を襲う。

更に獲物にした放牧牛を、沢まで運び穴を掘って埋めていたことも確認されている。

このヒグマが初めて確認した地区の地名と足幅が18cmあったことから、「OSO18」と

呼ばれている。

人間への危害が及ぶ前に推定300kgもあるこの巨大凶暴ヒグマを、地区の猟師は冬眠する

前に捕獲を目指している。

(株)金沢テックサービス

https://kanazawa-ts.jimdofree.com/

この記事を書いたプロ

上野峰喜

環境に優しい電解水や食品資源リサイクル機器のプロ

上野峰喜(株式会社金沢テックサービス)

Share

関連するコラム