マイベストプロ石川
上野峰喜

環境に優しい電解水や食品資源リサイクル機器のプロ

上野峰喜(うえのみねき)

株式会社金沢テックサービス

コラム

コロナ禍で貯蓄額が過去最高

2022年5月13日

テーマ:くらし

コラムカテゴリ:くらし

総務省の発表によると2021年の家計調査で、1世帯の平均貯蓄額は前年比5%増の

1,880万円であった。

コロナ禍により外出が減り、支出をせず貯蓄に回した傾向のようだ。



          

その内訳は、定期預金が615万円、普通預金が584万円、生命保険等が357万円

株式等が295万円となっている。

反対に、住宅ローン等の負債額は567万円で貯蓄額から負債額を引いた純貯蓄額において

60~69歳が2,323万円、70歳以上が2,232万円で、50歳未満の世帯では、負債額が

多いというのが現状である。

我国では、平均して高齢者はリッチということになる。

(株)金沢テックサービス

https://kanazawa-ts.jimdofree.com/

この記事を書いたプロ

上野峰喜

環境に優しい電解水や食品資源リサイクル機器のプロ

上野峰喜(株式会社金沢テックサービス)

Share

関連するコラム