まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ石川
上野峰喜

環境に優しい電解水や食品資源リサイクル機器のプロ

上野峰喜(うえのみねき)

株式会社金沢テックサービス

コラム

71年前の環境破壊 ? と兼六園

2016年6月15日 / 2016年6月16日更新


みなさんご存知の特別名勝・兼六園は、引き続きの新幹線効果で2015年度は来園者数が308万人、前年比52%増という、いままで以上に地元石川が誇れる観光名所です。


その中で、入園する際に渡されるパンフレットや、園内の案内図にも掲載されていない「ある場所」があります。
今回は、その「ある場所」のご紹介と、それについて感じたことについてペンを走らせます。


「松の傷」と書かれた案内板が立っています。その傍らにひっそりと立っている松の木には、ハート形の大きな傷があります。ちょうど71年前の昭和20年6月頃に、時の政府の指示により軍用航空機用の燃料として、松の木より「松脂 (まつやに)」を採取した時の傷の跡です。


たぶん、308万人の来園者の中で気がつかれた方は皆無ではないかと思います、また地元、石川県の方でもこの松の木を知っている方は、少ないのではないでしょうか?

当時は敗戦色が強く軍事用の燃料も逼迫し、現代社会では考えられないような「松脂」を航空機の燃料にしなければならないという事態までに、我が国は追い込まれていたことが、この松の木から想像ができます。

現代の視点から考えると、明らかに「環境破壊行為」と言えますが、逆に当時71年前の視点から考えると、約70年先(現代)は「地球温暖化が進み、その影響で異常気候等が起こっている」とは、だれ一人として想像しなかったと思います。

格言の一つに「賢者は歴史より学び、愚者は経験より学ぶ」がありますが、この傷がある松の木は、現代人の私たちにそれを暗示しているように見えます。

これから70年先の人達が、この松の木を見て、「戦争による破壊行為から、地球温暖化による破壊行為へと変わったに過ぎない」と嘆かけさせないようにすることが、今の私たちの努めだと、この松の木を見て思いを新たに致しました。

兼六園へ行く機会がある時には、一度この松の木を訪ねてみてはいかがでしょうか ?
場所は梅林の近くです。

(株)金沢テックサービス
URL https://kanazawa-ts.jimdo.com

この記事を書いたプロ

上野峰喜

上野峰喜(うえのみねき)

上野峰喜プロのその他のコンテンツ

Share

上野峰喜プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
076-287-6444

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

上野峰喜

株式会社金沢テックサービス

担当上野峰喜(うえのみねき)

地図・アクセス