マイベストプロ石川
山根敏秀

企業の資金繰りや黒字化経営に精通する税務のプロ

山根敏秀(やまねとしひで)

税理士法人マネジメント/グランドリーム

お電話での
お問い合わせ
076-259-1305

コラム

税理士の断り方

2015年4月1日 公開 / 2019年1月17日更新

テーマ:経営改善

私の個人的ブログ「日々改善」に訪問して頂く際の検索キーワードに
「税理士の断り方」という言葉が有ります。

一般的には、税理士に財布の中身をすべて見られているという感覚が強いせいか
はたまた、自身の行き過ぎた節税や決算書のカラクリを知られているせいか
更にいえば、税理士を断ると税務調査が来るという言い伝え(?)のせいか
税理士を断る際に、信じられない程の心労を自らに課されているように感じます。

先ずは答えを言いましょう。
「先生永い間ありがとうございました。
 先生との顧問契約を〇月を以って終了させて頂きます。
 本当にありがとうございました。」
たったこれだけで結構です。

今後お付き合いしない訳ですから解約の理由など必要ありませんし
増してや、「ちょっと待ってくれ!それは困る!」などと言う言葉に耳を傾ける必要はありません。
預けてあった書類が有るなら「〇月〇日にいただきに上がりますのでご用意ください。」で良いのです。

少しだけ後押しをするなら
税理士を断ることが出来ないような経営姿勢なら経営をしてはいけません。
必ず赤字が出ます。
なぜなら交渉能力ゼロ、決断力ゼロと云えるからです。

不安は起こってもいないことをクヨクヨと考え
自分にとって不都合なことが起こった場合の言い訳を考えているに過ぎません。
先ずは行動することが先決です。

自分自身の経営を守るのは自分自身ではありませんか?

中小企業の資金繰り・売上向上専門コンサルティングファーム

昨日よりも一歩でも前へ進みたい宣言ブログ!『日々改善』

わたしと共に中小企業の課題を解決したい方へ(採用のご案内)

この記事を書いたプロ

山根敏秀

企業の資金繰りや黒字化経営に精通する税務のプロ

山根敏秀(税理士法人マネジメント/グランドリーム)

Share
関連するコラム