マイベストプロ石川
山根敏秀

企業の資金繰りや黒字化経営に精通する税務のプロ

山根敏秀(やまねとしひで) / 税理士

税理士法人マネジメント/グランドリーム

コラム一覧:つれづれ

RSS

先生に声を掛けたのはコンサルできるからですよ

2020-09-10

某企業様から顧問契約のお話がありました。税理士事務所を、税務会計だけから経営コンサルできる税理士事務所に変えたいと名前を聞けばみんなが知っている企業様その企業様がお声掛けくださった理由が『経営...

好き嫌い言ってる場合じゃない!

2020-09-08

キャパいっぱい売上ていますか?経営資源を100%活かしていますか?一瞬の隙間もなくお客様との時間を作っていますか?コロナで顧客を失った人たちは反転させる意欲もないまま、ただXデー(倒産する日)を待...

評価は終わった後ですれば良い

2020-09-07

人の多くは周囲の目の中で生きています。だから生きづらい。。。周囲の目から解放された瞬間自分らしい人生を送ることができます。周囲を気にするなと言っても気になるのが常です。それでも気にするなとい...

効率化ということ

2020-09-04

パソコン一台スマホ一台で商売ができる時代になりました。比較するとその差は歴然実店舗対ネット空間(出店費用と維持費)人を雇うか否か(人件費が最大の費用)(ミスクレームの元)在庫負担とその維持管...

さあ! 次の一手は!?

さあ! 次の一手は!?

2020-09-02

コロナ拡大後に始めた当社グループの事業です。まだ、目が飛び出るほどの成果が出たものはありません。しかし、コロナ禍が過ぎるのを待っているわけにはいきません。新たな事業をどんどん取り入れ、その可能性...

大胆さと臆病さを持て!

2020-08-31

今日で2020年8月が終了します。なんだかモヤモヤ感に包まれた8月でしたがこれもすべて新型コロナへの対応が出来ないことに起因するのかもしれません。明日から始まる9月を前に少し感傷的に、、、なってなど...

自分色の人生

2020-08-25

コロナ終息!皆がそう願っているのに全くその傾向が見られません。深い闇の中へ皆で引きずり込まれている感があります。明日、自分の人生が終焉するかもしれない。。。そんなことを思うと他人の人生を歩むこ...

馬鹿と鋏は使いよう

2020-08-18

切れないはさみでも使いようによっては役に立つ同じように愚かな者であっても使い方によっては役に立たせることができる。馬鹿(愚か)者を指しているのではなく使う側の力量を指しています。大切なのは自...

便乗商法許すまじ!

2020-08-12

マスク問題・・・解決済みトイレットペーパー・ティッシュ・・・解決済み除菌アルコール・・・ほぼ解決済み防護服・・・解決済みだが今後は不透明イ〇ジン・・・無意味に不足精製水・・・なぜかいまだに不足...

頑張っている≠成功する

2020-08-09

頑張ってますか?売上げ確保できてますか?利益確保できていますか?従業員の給料を下げたりしていませんか?従業員を休ませていませんか?頑張り方間違っていませんか?なんで世の中と一緒に縮小均衡を...

コロナ下で生き残るために

コロナ下で生き残るために

2020-08-05

還暦YouTuberが久々に吠えています。よろしかったらご覧ください。https://www.youtube.com/watch?v=TwWQt0lvMggチャンネル登録もよろしくお願いします\(^o^)/

退化

2020-08-03

頭の中の退化が止まりませんどんどん退化していることが手に取るようにわかります理由は、コロナコロナが原因で外出の量が圧倒的に減ったことによります県外への旅行もしない人とも会わないしゃべらない...

使命

2020-07-29

経営者の皆様あなたの使命は何ですか?自分の給料を上げること?会社に利益を残すこと?従業員をたくさん雇うこと?社会貢献すること?それとも保身?色々あるかと思います。コロナ禍のいま必要なのは...

頑張るだけじゃ実は結ばない

2020-07-26

コロナ禍皆様お疲れ様です。不穏な話がいっぱい出てきているもののその対策が出来ないでいます。倒産廃業過去最高(見込み)失業者山積(現実)派遣切り、雇い止め副業、業務委託という名の地獄絵図民...

SNSコンサル事業準備着々

2020-07-24

生活様式が変わる中企業の経営環境が大きく変わるそんな風に思っています。会社へは行かない(テレワーク)人手の削減(アプリ開発)withコロナの生活(3密回避)この結果社用車、通勤、出張、背広(ス...

この専門家が書いたJIJICO記事

確定申告不要の特例が設けられ、利用しやすくなったふるさと納税

確定申告不要の特例が設けられ、利用しやすくなったふるさと納税

2016-04-13

所得税 計算

平成27年4月以降、ふるさと納税について確定申告が不要となる特例が設けられました。今までふるさと納税を利用されたことのない方も制度を理解し、上手に活用してみてはいかがでしょう。

深夜営業は止めて正解?飲食店苦境の背景

深夜営業は止めて正解?飲食店苦境の背景

2015-08-12

外食チェーンやファミリーレストランの深夜営業が減少している。原材料や人件費の高騰に加え、夜間一人の従業員が店を切り盛りする「ワンオペ」問題などで、働き手の確保が困難になったため。専門家が打開策を探る。

サッポロビール「極ZERO」を巡り国税当局と攻防、115億円は返還されるのか?

サッポロビール「極ZERO」を巡り国税当局と攻防、115億円は返還されるのか?

2015-05-23

サッポロビールは「極ZEROは発泡酒ではなく第3のビールだった」として115億円を追加納税。その後の社内調査で、酒税の適用区分に間違いはなかったとして返還を求めたが国税当局は応じない模様。還付の是非はいかに。

熾烈を極める自動車の年度末商戦、そのワケは?

熾烈を極める自動車の年度末商戦、そのワケは?

2015-03-20

1台でも多くの車を売ろうと自動車販売会社は熾烈な年度末商戦を繰り広げている。それは、4月以降、自動車取得税などの取得関連税が増税される見通しのため。HVであってもエコカー減税の恩恵は少なくなる。

起業家の希望「クラウドファンディング」を知る

起業家の希望「クラウドファンディング」を知る

2015-01-30

手軽に資金調達できる手法として「クラウドファンディング」が注目を集めている。ネット上でアイデアを公表し出資をしてもらう仕組み。世界的にもベンチャー企業の発展の一翼を担っている。ただし、険しい一面も。

新世代起業家が日本経済の救世主に?

新世代起業家が日本経済の救世主に?

2014-12-31

2009年を底に、IPOが連続して増加。最近、第1世代、第2世代の起業家たちとは一線を画す新世代が台頭。「お金に頓着するよりも自身の夢を叶えたい」という彼らこそ、日本経済の救世主になるかもしれない。

ふるさと納税、趣旨逸脱は悪いこと?

ふるさと納税、趣旨逸脱は悪いこと?

2014-10-10

「ふるさと納税制度」は、初年度から金額で1.79倍という普及ぶり。しかし、「実質2,000円で高額特産品の受領は趣旨逸脱ではないか」との疑問の声も。自治体にとって何重もの恩恵がある制度と税理士の見解。

農業は成長産業?起業支援が本格化

農業は成長産業?起業支援が本格化

2014-09-06

101兆円台後半という大盤振る舞いとなった平成27年度の予算概算要求。農業分野への予算要求も例外なく増額されている。官民そろっての農業支援ファンドの生成花盛りの今、起業時に必要なスキルや心構えとは?

100年後も生き残る企業になるために

100年後も生き残る企業になるために

2014-07-25

「100年企業」の数は2万7000社超と日本は世界一の長寿企業大国だが、実は90%以上が中小企業という統計が。経営理念を持つことや独自の技術を常に革新するなど、長寿企業になるための秘訣を専門家が解説。

法人税、払わなくても許される?

法人税、払わなくても許される?

2014-06-21

成長戦略の骨格をなす法人税減税。日本国内で法人税を納めていない企業は70%を超え、先日、トヨタは「5年間国内法人税ゼロ納付」だったことが判明。繰越欠損金の控除期間など、税理士が法人税のカラクリを解説。

外国人旅行者向け消費税免税制度とは

外国人旅行者向け消費税免税制度とは

2014-05-26

外国人旅行者の増加と消費拡大を期待し、10月1日から、外国人旅行者向け消費税免税制度が拡充されることに。経済の成長には、外国人が日本に来てお金を使うことが重要。免税措置には恩恵の反面、厳格な規制も。

「起業の時代」到来?必要な経費

「起業の時代」到来?必要な経費

2014-05-06

アベノミクス政策により、中小企業や小規模事業者には多くの経営支援策が用意されている。今なら創業にかかる経費の2/3を国からの補助金で賄える制度もあり、まさに「起業元年」に。税理士が必要な経費を解説。

消費増税で企業が得する「益税」

消費増税で企業が得する「益税」

2014-04-12

消費増税で国民の家計は苦しくなるが、年商5,000万円を超える企業は1円の消費税も負担していない。また、年商5,000万円以下の企業は、消費増税で手もとに残る益税が増えている。税理士が解説。

お金の量、過去最大。暮らしへの影響

お金の量、過去最大。暮らしへの影響

2014-03-17

資金供給残高は過去最大に。今年末には270兆円を目指すと日銀。影響の第一はデフレを打破する「インフレ」で、緩やかな物価上昇が続くことに。資金供給残高増加の効果を高めるには「使うこと」と税理士の見解。

起業を狙うなら今年が絶好のチャンス

起業を狙うなら今年が絶好のチャンス

2014-02-26

ベンチャー企業という言葉が定着し、アイデアを生かしたヒット商品も生まれている。反面、廃業は3年間で35万者に。この状況を受け、中小企業政策への政府予算は大幅増加。今年が起業の絶好のチャンスと専門家。